メルマガ10【予想:新企画売り上げ“ナンバーワン”は?】

【予想:新企画売り上げ“ナンバーワン”は?】
2006072116

**************************************************************
     予想:新企画売り上げ“ナンバーワン”は?
**************************************************************

・・・・・ TDメルマガ第10号 ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモも書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」 カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

こんにちは、
トーダン社長の強口邦雄です。

あっという間、メルマガ10回目の配信です。

楽しんで頂けてますでしょうか?

ダイレクトに皆様に配信できる、
メルマガってホントにすごいなぁって思っています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

突然ですが皆さんは、
『日本人は「日本の文化」についてよく知らない』
と思うことありませんか?

戦争で負け、
多くの「古き日本」が否定され、
多くの国民の目が西洋に向けられた。

そして、西洋文化重視になり、日本の文化に目がいかなくなった。
そんなことが原因のひとつにあるのかもしれません。

かく言う私もその一人で、
西洋文化にあこがれ、

学生時代に聴く音楽は、もっぱら洋楽。

マント・ヴァーニ、パーシー・フェイス、ビートルズ、
ローリング・ストーンズ、レッド・ツェペリン、ディープ・パープル、
チック・コリア、マッコイ・タイナー、ジョン・コルトレーン、
カーメン・マクレエ、ブラームス、バッハ

日本の歌謡曲は、ほとんど聴きませんでした。

───────────────────────────────

そんな私が、
ふりかえって「日本文化」に興味を持ちはじめたのは、

以前、オーストリア人に質問された「疑問」に
答えることが出来なかったことがきっかけでした。

その「疑問」とは、
『ひな祭りに“あられ”が出るのはなんでですか?』
という質問でした。

たしかに子供の頃、

ひな祭りには、決まって“あられ”や“ひしもち”“白酒”が出て、
それはごく当たり前のことでしたが、

それがなぜなのかは、よく知らなかったのです。

それに比べ、外国人に“クリスマスの飾り”や“ハロウィーン”のこ
とを聞けば、スラスラと答えてくれます。

私は、『なんで自分の国の文化なのに、カンタンな事すら答えられな
いんだ!』とだいぶ衝撃を覚えました(ホント情けなく感じました)

それからは、

『門松はなぜ正月に飾るの?』
『ひな祭りは、なぜ「桃の節句」というの?』
『こどもの日に「菖蒲湯」に入るのはなぜ?』

などなど、「日本文化」にだんぜん興味を持つようになりました。

いったん興味を持ち始めると、「日本文化」の伝統や芸術に、
「奥深さ」「ゆとり」を感じるようになったのです。

今、流行になっている「ロハス」「癒し」もそういう人が増えてきた
からなのかもしれません。
(ロハス:健康で環境を破壊せず維持できるライフスタイル)

2003年、
トーダンは「現代和シリーズ」を発表いたしました。

これからの時代、
きっと【モダンな和】が求められると確信したからです。

おかげさまで、
「江戸千代紙いせ辰」をはじめ「ほのぼの」「竹久夢二」
「川瀬巴水」「金子みすず」「心象の庭」「庭邂逅」

             …など大変好評をいただいております。

───────────────────────────────

そして今年、
新企画の「粋・手ぬぐい暦」が大人気を得ています。

まさに「ブレイク」しそうな予感がします。

トーダンの「粋・手ぬぐい暦」に使われているのは、
創業134年の日本橋 戸田屋。

手ぬぐいは古来、文字通り手を拭く道具でしたが長い歴史の中で、
その製法や絵柄に独特の日本文化が展開され今の状態となりました。

私はこの戸田屋の手ぬぐいを見て、その絵柄や文様、色彩の圧倒的な
美しさに手ぬぐいに対する概念を根底からくつがえされたのです。
(以前は「手ぬぐい」に特に関心もなく、たまに頂く「手ぬぐい」も
 そのままたんすの肥やしにしてしまっていたのに…)

そして本年度、この手ぬぐいを新企画カレンダーの「粋・手ぬぐい暦」
に見事にデザインしたのです。

各月の絵柄にはその手ぬぐいの「由来や意味」があり、それを知るだ
けでも楽しいのです。

※6/23の日経に手ぬぐい人気の記事が出ていました。
 もちろん、戸田屋さんの梨園染めも紹介されていました!!

───────────────────────────────

例えば、
2月の手ぬぐい「良き事聞く」の由来は、

…三代目尾上菊五郎より、音羽屋の文様として愛用されてきました。
 斧を「よき」、琴柱を「こと」、菊花を「きく」と読ませ、
「良いことを聞く」と洒落ていたんですね。
              …カレンダーに記載してありますヨ…

2月はニッパチ(28)といって、
商売が低調で景気が良くないといわれている月です。

だから、このカレンダーの「良き事聞く」を見ながら、
人の話を良く聞いて、次のステップの充電期間として欲しいのです。

1年間を楽しみながら、
日本の伝統文化を堪能できる。

「粋・手ぬぐい暦」

私も一押しの一冊です。

PS:最近は額に入れて飾るのが流行っていますが、
   やっぱり日常生活で使ってほしい!

と戸田屋のご隠居はおっしゃっていました。

これからもどんどん役立つ情報、配信していきたいと思ってます。

☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

 当社ホームページ7月3日(月)より、リニューアルいたしました

           是非 ご覧下さい

          http://www.todan.co.jp/

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| メルマガ書いている
|   強口邦雄に、熱いメッセージを!
| mailto:melma@todan.co.jp

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 
└──────────────────────────────