メルマガ11【貧しいけれどこころ豊かなカンボジア】

【貧しいけれどこころ豊かなカンボジア】
2006080415

**************************************************************
       貧しいけれどこころ豊かなカンボジア
**************************************************************

・・・・・ TDメルマガ第11号 ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」 カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

こんにちは、
トーダン社長の強口邦雄です。

『穏やかでこころの豊かな人々』

・米が主食で、食べ物はすべてオーガニック
(お金がなく、化学肥料が買えないので結果的に有機無農薬)
・美しさと芸術性で世界的な絹絣(きぬがすり)
・世界的なルビー、サファイアの原産地
・世界遺産

そう、カンボジア王国 です。

───────────────────────────────

実は先週、
カンボジアのシェムリアップに行ってきました。

シェムリアップ?

私も出張に行くにあたって、
初めて知った名前です。

カンボジアの首都はプノンペンですが、

もうひとつの国際都市シェムリアップは、アンコールワットが近くに
あることで有名な街です。(車で15分ほどでいくことができます)

アンコールワットは、9~12世紀に建てられたクメール王国の巨大
遺跡で、140年前にフランス人に発見されるまでは密林の中に埋も
れたままになっていました。

今では、世界中から多くの観光客がこの遺跡目当てにやってきます。

「へぇ~、
 カンボジア観光ですか~?」

…いやいや、
 私は、観光に行ったのではありませんよ。もちろん公務ですよ!

「はあ!?
 強口さん、カレンダー、カンボジアで売るの? 作るの?」

…違いますよ。

 実は昨年末、余ったカレンダーの一部を協力会社の方々にお値打ち
 価格で提供させて頂きましたが、その分の70万円とトーダンが更
 に40数万円上乗せして、計1万ドル分を、

 ★カンボジアに寄付したんです。

 そのセレモニーに行ってきたんです。

───────────────────────────────

トーダンでは毎年、
交通遺児のため、社会福祉のため、ユニセフなどに様々な寄付をして
きました。

ですが今回、カンボジアのはずれにある中学校に寄付することになっ
たのです。

「なんでカンボジア?」
「今までとなんか違うの?」

その答えはミッシェル ドラクロワの奥さんとのお話の中にあります。
(TDカレンダーでおなじみの…)

ドラクロワ婦人はカンボジアのためにボランティアを行っているんで
すが、こういった寄付金の多くが困っている人達ではなく、活動団体
の人権費や一般経費に消えていってしまっていることに、とても嘆い
ているのです(実際に渡されるのは元金の10%程度?)

そこで、活動団体を通さず個人で100%寄付金が生かされる活動を
されているのです。

私達も寄付した金額がそのまま、困っている人達に届くのなら、それ
が一番だと考え、今回寄付に参加をさせて頂きました。

───────────────────────────────

7月24日の月曜日、

シェムリアップ市内から車で15分程走ると、
もうそこは未舗装のアドベンチャーランド。

進めば進むほど「道」は狭くなり、穴ぼこだらけの道をさらに45分
ほど北にすすみ、

ようやく右手のほうにかなり広い校庭、両サイドは水田(実習用)の
寄付先、アンコール・チャム中学校が見えてくる。

校門から校舎までの100m近い道の両側には、

夏休みにもかかわらず、
生徒さんが並び、伺った私たちを拍手で出迎えてくれました。

校舎正面には、
日本の「国旗」とカンボジアの「国旗」が掲げられ、
シェムリアップ教育長、村長、校長をはじめ、教職員の皆さんが歓迎
をしてくれました。

アンコール・チャム中学校、

生徒数 929名、
農村地帯にあるこの農業中学の、

校舎の改修費
自家発電機 1台(この村には電気が来ていない為)
コピー機 1台
パソコン 2台
学習机 30台
教職員用デスク 5台
本棚 6台

など、寄付いたしました。

セレモニーでは、

子供たちがこれからパソコン等で学習したことを、

“将来の農業に役立てたい”
“さまざまな世界の情報を学びたい”

そういった気持がひしひしと伝わってきました。

生徒一人一人の、

“生き生きとした表情”
“真剣なまなざし”

この子達が、ここで学び、
将来のカンボジア発展のために役立っていく…

そんなお手伝いに、

私達が少しでも「貢献」できるということに、
とてもうれしく感じました。

───────────────────────────────

こうした寄付が出来るのも、
皆さんのおかげなんです。

メーカーが一生懸命カレンダーを作り、
がんばって販売してくれる販売店さんがいて、
カレンダーを楽しんで買って下さるお客様がいる。

そのサイクルの中から利益を上げることが出来ているからこそ、
こういった寄付をすることができるんですね。

皆さん本当にありがとうございます!!

これからもどんどん役立つ情報、配信していきたいと思ってます。

☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

 当社ホームページ7月3日(月)より、リニューアルいたしました

           是非 ご覧下さい

          http://www.todan.co.jp/

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| メルマガ書いている
|   強口邦雄に、熱いメッセージを!
| mailto:melma@todan.co.jp

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 
└──────────────────────────────