メルマガ129【ツキが変わった】

TDメルマガNo.129 【ツキが変わった】
2009120317

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈 ・・・・   ツキが変わった   ・・・・
〈 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆☆☆☆☆  TDメルマガ第129号  ☆☆☆☆☆

くらしを豊かに、こころを豊かにするTDカレンダー

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●

トーダンのかっちゃんです♪

もうご存じの方も多いと思いますが…

12月3日は“カレンダーの日”です!

1872(明治5)年12月3日に

従来の太陰暦に代わって太陽暦が採用され、

新たにその日が明治6年1月1日となった日を

1987(昭和62)年にカレンダーの日と定めたのですが、

改暦された当時はいろいろとトラブルがあった様です。

事前の告知がほとんどされなかった上

結果として明治5年の12月は

わずか3日しかなかった訳ですから

年末年始に行ういろいろな行事が急になくなり

人々は大混乱に陥ってしまいました。

暦の取り違いによって結婚式に片方の

出席者が全くおらず、上から下への

大騒ぎになったという、笑えない話もあります。

その時に大きな役割を果たしたのが

『学問のススメ』で大きな影響を与えた福沢諭吉でした。

彼は太陽暦が採用された時に

いち早く『改暦弁』を発行。

こよみの原理や太陽暦をわかりやすく説明し、

二十数万部という大ベストセラーとなりました。

地方のお役人の中には『この本で勉強しろ』

と『改暦弁』を手渡す例もあったとか。

福沢諭吉はこんな所でも活躍していたんですネ。

参考文献:NHK出版刊『知るを楽しむ 歴史に好奇心
            古今東西カレンダー物語』
     2007年12月発行

…………………………………………………………………………

12月になると、

巷(ちまた)で
カレンダーが配られるようになります。

【金運カレンダー】は
ご利益があると信じられて

たくさんのファンがいます(^o^)V

この時期は

特に
個人で買う人がすご~く多いんですよ。

ボク自身も

実は、ファンの一人なんですが…

…………………………………………………………………………

昔のボクは

全く
くじ運が【悪い】
勝負運も【最悪】の
男でした!

ビンゴで
多くの参加者が
リーチと叫んでいるのに
ボクのカードは穴が
2つか3つなんて
云うこともザラでした…

それが…
      【金運カレンダー】を作りだしてからは

コンピューター会社の展示会で
くじ付きのアンケートに答えたら
マックが当たり (ハンバーガーではありません!!)

当時珍しかった“デジカメ”が当たったり

学校のバザーでは
家族ですが、
なっなんと

イタリアのFIAT(フィアット)という外車まで
当たる始末

我が家の
ガレージは車2台分無いので

どうしよう…
        なんてぜいたくな悩みを抱えていました。

うれしいような……
怖いような……
困ったような……

もうこれでラッキーも
打ち止めと思った

外車当選の2年後、

【100万円相当のギフトの詰め合わせ】が当たりました!
  ↓
【富士通のパソコン】に
【15段変速のマウンテンバイク】
【スノーボード】に
【高級レストランのお食事券】
その他いろいろ(忘れました)

…………………………………………………………………………

社員の中にも
【ハワイ行きのペアチケット(飛行機代、ホテル代、全食事付きの豪華版)】

友人の中にも
【50万円相当の商品】
【宝くじで10万円】

当たった人がいました。

『信ずる者は救われる』

“宝くじ”を買う前に

金運カレンダーを買ってくださいね (^ー^)

…………………………………………………………………………

理容業界で

カリスマといわれる男がいます。

その名は

『田中トシオ』

世界でただ一人
世界大会全部門優勝の
グランドスラム・チャンピオン
4冠王に輝いた伝説の人です。

【芸術性を競うアーティスティック部門】
【既定の髪型にカットするクラシカル部門】
【抽選で割り当てられたモデルを人気が出そうな
 ヘアスタイルにカットするコマーシャル・コンシュマー部門】
【参加者3名の合計得点で競う国別の団体部門】

すべてのチャンピオンとなった完全優勝は
現在でも前人未到の記録です。

…………………………………………………………………………

過日、

お昼をご一緒しながら
いろいろな話を伺いました。

今は
お弟子さんの育成に力を入れられ

中には
世界チャンピオンや
日本チャンピオンも生まれ

今でも
それを目指す若者が集まり

仕事の傍ら、
猛特訓、研鑽に励んでいます。

…………………………………………………………………………

日本チャンピオンになるのが

どの位大変か
近くの行きつけだった床屋さんで聞きました。
   (今は、田中トシオさんのお店「髪ing」でお願いしています♪)

店長さんも

若い時に
そうしたコンテストに出たそうです。

まず横浜市の予選会があり、
それを勝ち抜くだけでも大変で、

次に神奈川県の大会で
代表に選ばれたら、それこそ名誉で『凄いこと』と言っていました。

そして、

【関東甲信越理容競技大会】などがあり

さらに、

【全国大会】(理容業界の甲子園という感じです)

全国大会に出るのは
雲の上のような話だそうです。(店長いわく)

そして、その極みが
世界大会なんですネ。

…………………………………………………………………………

田中トシオさんが

おっしゃる言葉の一つ一つが

とっても含蓄のある“お言葉”でしたが、

チャンピオンになれる者と

なれない者の差について

技術は甲乙つけがたくても
最後は《強い気力》を持っている者が

チャンピオンになれる

そうおっしゃっていました。

…………………………………………………………………………

【金運カレンダー】も

ただ飾っているだけではダメで

絶対に

金運を呼び込むぞ…という

強い気持ちを持って

一生懸命に

“仕事”し

何事にも“精進”すれば

やがて、

道は開け

身の回りには

“金運”が付いて来ますゾ(きっと)

このメルマガを読んでいる皆さんは

ぜひ、

『自分はツキのある人間だ』
『運気を呼び込むパワーを感じる』
『やる気のパワーがみなぎってくる』

と強く念じて

生きてみてくださいネ。

あなたの

ツキが変わり

良いことがあったら……

それは

きっと、きっと

【金運カレンダー】の力です(^o^)V

かっちゃんでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1月からの小玉野栖子先生の勉強会のご案内を再度告知させて戴きます。
日程も決定致しました。
皆さんのご参加を心よりお待ちしております♪

<小玉野栖子先生 勉強会>
   参加費:4万円(4回分前納)
   研修テーマ:リーダーに求められる人間像
   対象:2世経営者、次期後継者
   1月、2月、3月、4月各月1回
   トーダン本社にて
内容:1,仕事に対する意識革命、仕事のプロとしての自覚
       2,結果重視の世界で生きる。私の果たすべき役割と使命の確認
       3,激動の時代が求める人間像。感激の味わえる人、感動の日々
       4,具体的目標設定の重要性と行動計画書

  初回は1月27日(水)
第2回目は2月24日(水)
第3回目は3月26日(金)
第4回目は4月23日(金)の予定です。

お申込み、お問い合わせは

今すぐ…

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P86866372

たくさんの申し込み、お問い合わせお待ちしています♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

トーダン2010年版商品好評掲載中!

商品一覧はこちらからご覧下さい↓

http://tdcal.net/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

★★★★ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ★★★★

PS:皆さんのご自宅にも1部、金運カレンダー!

   掛けるだけではなくて、強く念じることが必要なんですね…    

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   “熱いメッセージ”楽しみに待っていま~す!

   どんどんメール下さい!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────