メルマガ132【新年明けましておめでとうございます】

TDメルマガNo.132 【新年明けましておめでとうございます】
2010010717

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈 ・・・・ 新年明けましておめでとうございます ・・・・
〈 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆☆☆☆☆  TDメルマガ第132号  ☆☆☆☆☆

くらしを豊かに、こころを豊かにするTDカレンダー

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●

トーダンのかっちゃんです♪

1月7日は

ご存じ“七草”の日です

“日本のハーブ”といわれる七草ですが、

ここで今一度七草の種類を確認しておきましょう

【セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ】

ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、

スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと

七草は早春にいち早く芽吹く事から、邪気を払うと

いわれてきました

そこで無病息災を祈願し

七草粥を食べる習慣が出来たのです

古くはまな板の上で

唄を口ずさみながら七草を刻んでいたとか…

年末年始のおせち料理で

痛んだ胃を和らげるためにも

あっさりとした七草粥を食べて

健康な一月としたいですネ!

…………………………………………………………………………

新年明けましておめでとうございます♪

今年

2010年は

寅年

ボクの生まれ年は

『五黄の寅』

年男です!

今年は

厄年なんですが

張り切ってがんばります♪

よろしくお願いいたします!

…………………………………………………………………………

ところで……

あなたの

初夢はいかがでしたか?

初夢じゃなくても

新年の《願い》《目標》はなんでしょう?

ボクは

根っからのポジティブ人間なので

大変な年なら

『神様が試練を与えてくれているんだ!!』

とか

『まだまだ勉強しろ…ということなのか?』

とか

『こんな時だから、チャンスなんだ!!』

とか

『内部体制をしっかり固める機会だ』

とか

『すべての部署で生産効率とコストダウンを真剣に考える時』

とか

『従来の考え方を見直しして、チャレンジする』

とか

『新しい市場の開拓にアタックする』

とか

「………」
「……」
「…」

まあ

いろいろポジティブに考えてしまう訳で、、、

悪い方に考えて

物事が良くなるのならいいのですが、

精神的に

あんまり

いいとはいえません

…………………………………………………………………………

新年から

あまりいい話題ではありませんが………

今年は

景気が

昨年よりさらに悪くなる

     とボクは見ています

その上で

ポジティブにものを考えるには

今の世の中の

流れを

しっかり見極め

どう捕らえていくか

つまり

どう考えるかが

とっても重要だと思います

…………………………………………………………………………

カレンダー業界にとって

昨年

ハッキリしたことは

カレンダーは

【広告宣伝】
【年末挨拶の手土産】

では

全くなくなってしまった!!

ということ

今までも

そのような兆候はありました

しかし

昨年は

【5,000部、1万部】

という注文が

いきなり

【500部、1,000部】

になったり

【500部】の注文でも

【100部】になったりと

極端な減り方が

顕著な年でした。

その原因は

予算管理をする

会社では

この不景気で

あらゆる経費の

見直しをしています

  (企業防衛だから当然のことですが…)

その結果

カレンダーを

【やめる】か

【部数の極端な削減】

となってしまったのです

つまり

限られた顧客だけに

カレンダーを配る

という現象が

顕著になってしまったんですネ

…………………………………………………………………………

年末の挨拶で

たくさんカレンダーを配る

習慣はなくなり

ピンポイントに

重要なお客様だけに

差し上げる時代に

突入したということなんです

プレゼントなのだから

【出来るだけ安物で】

とか

【何でも良いから】

という発想で

カレンダーのご提案を

してはいけないという事です!

…………………………………………………………………………

昨年の現象で

もうひとつ

気づいたことがあります

それは

《価値あるカレンダー》を

配っていた顧客の注文は

とっても根強く、

【中止したり】
【大幅な部数の削減をしていない】

ケースが多いということ

…………………………………………………………………………

なんとなく

カレンダーを配布していて

【反応がない】
【効果が感じられない】

【中止】
【大幅削減】

という行動につながってしまう

危険性がかなり大きいということです!

カレンダーは

けっして

ばら撒きの広告宣伝物と

考えてはいけません!

そして、

【営業効率】や

【他社の利益優先】の考え方で

【提案営業】をせずに

《自分の都合》を

優先してきた販売方法は

もう曲がり角に来ています!

…………………………………………………………………………

昨年は

全国の販売店様

40社以上を

直接訪問させていただきました

そして

分かったことは

従来のお客様に対して

丁寧に

対応している販売店様や

さらには

納品まで宅配便を利用せず

自ら配達し

Face to Face(対面営業)を

しっかりやり、

非常に強い関係性で

営業をされている販売店様、

また

精力的に

新しい市場を開拓をされている販売店様は

みなさんとっても元気がありました!

…………………………………………………………………………

逆に

【価格の安さ】で勝負している

お客様との【関係性が薄い商売】をしている

既存客だけ相手に【相変わらずの営業をしている】

こうした販売店さんは元気が無い様に

ボクには見えました

昨年の

トーダンのテーマは

《絆(きずな)》でしたが

まさに

今の時代は《絆》が重要です!!

そして、

更には

カレンダーの新しい可能性を

理解して

お客様の

“売り上げ”“利益”に

貢献できる

カレンダーの提案ができること

そして、

お取引のある

お客様との

関係性を更に深めるために

カレンダー以外の

SP(販促)提案が出来ること

これが

私たちの未来に

求められる“仕事”であることは

間違いありません!!!

…………………………………………………………………………

【1月から始まる勉強会(各月合計4回)】や

【3月のTD感動フェア&セミナー】に参加し

一緒に学びませんか?

もちろんボクも

毎回参加して

一緒に勉強したいと思います。

よろしくネ!

かっちゃんでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

小玉野栖子先生の勉強会のご案内です。
皆さんのご参加を心よりお待ちしております♪

<小玉野栖子先生 勉強会>
   参加費:4万円(4回分前納)
   研修テーマ:リーダーに求められる人間像
   対象:2世経営者、次期後継者
   1月、2月、3月、4月各月1回
   トーダン本社にて
内容:1,仕事に対する意識革命、仕事のプロとしての自覚
       2,結果重視の世界で生きる。私の果たすべき役割と使命の確認
       3,激動の時代が求める人間像。感激の味わえる人、感動の日々
       4,具体的目標設定の重要性と行動計画書

  初回は1月27日(水)
第2回目は2月24日(水)
第3回目は3月26日(金)
第4回目は4月23日(金)の予定です。

定員は20名となっております。

お申込み、お問い合わせは

今すぐ…

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P86866372

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★★★★ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ★★★★

PS:新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

   皆様との絆を、本年も深められればと思います。             

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   “熱いメッセージ”楽しみに待っていま~す!

   どんどんメール下さい!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────