メルマガ180【市場はドンドン変化する】

TDメルマガNo.180【市場はドンドン変化する】
2011120117

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆ 市場はドンドン変化する ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第180号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
トーダンのかっちゃんです

12月1日は

「映画の日」です
   (入場料が1000円になるらしい・・・)

そして

12月3日は

「カレンダーの日」です!!

「天地明察」と言う

日本の暦を作った

渋川春海

のことを書いた時代小説ですが

「本屋大賞」を

受賞してから

みんなが日本の暦に関心を持ち

注目をあびることになりました

日本のカレンダーには

季節の行事や

四季折々の情報が

掲載されて

とっても良いです♪♪
  (アメリカのは味気ない・・・)

是非

もっともっと

たくさんの方々に

関心を持ってもらいたいなと思っています

12月3日には

東京会場 9時~

「丸の内オアゾ(丸善書店)」

大阪会場 14時~

「堂島アバンザ(ジュンク堂)」

でイベントがあります

近くにお出かけになる方は

是非是非

顔をお出しくださいネ

かっちゃんは

東京会場に出向きます♪

——————————————————

先日

ある経済誌を読んでいたら

東京は

大田区のあるメッキ工場の

記事が出ていました

その会社は

自動車会社はじめ

大手企業の仕事を中心に

ビジネスをしていたそうですが

やがて

コストコストと言われるようになり

海外に工場移転をするか?

国内で踏みとどまるか?

決断

しなければならず

最終的に

社長は

国内で頑張る選択をする

やがて

仕事はドンドン減り

従業員も

半分以下に・・・・

そこで

「何にでもメッキ」

できることを売り物に

小ロットの注文でも

引き受けることにしたところ

思いがけずも

メッキの技術が磨かれて

やがて

高精度な技術が要求される

航空機のメッキなども

受託できるまでになる

もちろん

個人の注文なども受け

業績を上げている

・・・・と言うような話しでした

——————————————————–

法人需要が

旺盛だった

高度経済成長期のような

時代は

もう無く・・・・・

これからも

少子高齢化で

大量ロット

大量消費は望めず

過去の思い出となりつつあります
  (まだ、多少は名残がありますが)

だから

個人の需要に

目を向けていかなくては

ビジネスが成り立たない

段階に差し掛かっています

かっちゃんが

思うのは

法人需要であっても

個人を意識した企画プランを

立てなくてはいけないと言うことです

マスで考え

マスで作って

マスで配る

それで本当に

ビジネスとして

結果がでるのでしょうか?

—————————————————–

アメリカスタイルの

消費ではなく

何か

ヨーロッパスタイルの

消費が

これからの

日本のビジネスモデルには

ふさわしい様な気がします

逆に

中国、インドと言った

人口がものすごく多い国は

文化やライフスタイルが近い

アメリカ的な傾向に

どんどんなっていくはずです

だから

大企業はマスを追っかけるので

そうした国への進出に

躍起になっているんでしょうネ

大量消費、大量生産を

突き進むなら

アジアへ進出した方が良いかもしれません

——————————————————-

振り返って

カレンダー業界を見た時に

30年以上前

地元の

魚屋さんやお肉屋さん

布団屋さんと言った

個人商店が

カレンダーを

1000部

2000部

と配っている時代がありました

企業や商店が

配るカレンダー

300部、500部は当たり前

1000部、2000部

は中くらいの注文で

大口と言えば

5000部以上の

ご注文と言う時代がありました
     (いわゆるバラマキ)

——————————————————

今は

かつてのお客様のご注文が

200部になり

150部になり

100,90、、、、

ついには50部

なかには

30部と言う企業やお店もあります

私の聞いた

少ないお客様というところでは

5部とか10部という

名入れのご注文があるということです

——————————————————-

逆に

カレンダーの

店頭小売の売り場では

「名入れご注文承ります」

と看板を出して

30部、50部でも受け付けている

ためしに

聞いてみると

「店頭小売価格+名入れ料金」だという

ひるがえって

名入れカレンダー業界では

その昔

300部、500部

作っていた時の単価を引きずり

ものすごい

安売りの単価で受注している

完全に

法人需要と個人需要が

クロスオーバー

しているんですネ

この辺で

意識改革をしないと

本当に

大変なことになりますヨ

そのヒントは

3月のTD感動フェアで・・・・

3月13日(火)、14日(水)、15日(木)

の3日間

価値ある1冊セミナーは

14日と15日の2日間

あります

是非

2012年の

貴社、貴店の

営業方針、中期計画に参考になる(ハズデス・・・・)

かっちゃんでした

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●
いつもTDメルマガをご購読いただきありがとうございます。

今日から12月、師走です。
いよいよ今年も残すところ1ヶ月となりました。12月に入った
からというわけではありませんが、これまでわりと暖かかったの
が急に冬らしい寒い一日となりました。
これから年末に向けて会合などもあったりと、ますますお忙しい
こととは存じますが、くれぐれも体調管理にはお気をつけてお過
ごし下さい。

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:誰もが一度は抱く《ゆめ》や《ロマン》…

   どこかに置き忘れてませんか? 
 
   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄 http://www.todan.co.jp
| 発行担当:大木雅裕
| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────