メルマガ182【スぺンドシフト】

TDメルマガNo.182 【スぺンドシフト】
2011121508

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆ スぺンドシフト ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第182号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴
トーダンのかっちゃんです♪

12月15日

「年賀郵便特別扱い」

開始の日です

新年の

年賀葉書交換は

年中行事のようなものですが

それでも

電話、メールで済ませる

年末年始の

挨拶はしない

など

従来の慣習が

時代と共に変わってきています、、、、

時代が

ドンドン便利になり

人々の

生活も慌しくなり

せわしない世の中で

「余暇」を楽しんだり

「自然」をめでると言う

心の余裕が

めっきり

少なくなってきているようです・・・・

TDカレンダーは

毎日の生活に

すこしでも

こころに潤いと余裕を

持っていただけるような

工夫をしています

なぜか?

その秘密は

TD感動フェアで・・・・

——————————————————

ところで

この秋に読んだ本で

「スペンドシフト」

と言う本があります

これは

ヤング&ビルカム(米国の電通のような会社)の

チーフ・インサイト・オフィサーであり

世界的に活躍する

消費者行動の研究家

「ジョン・ガーズマ」

ピュリッツアー賞受賞の

フリーランス・ライター

「マイケル・ダントニオ」

との共著による本です

この本は

2008年のリーマンショック後

「米国の消費者行動」

について書かれているのですが

これが

まるで・・・・

東日本大震災後の

「日本の消費者行動」

に良く似ているんですネ

リーマンショック後

米国人は

・仕事を失うもの

・家を失うもの

・家族を失うもの

・減収にあえぐもの

たくさんの人が

多大な影響を受けました

そんな中で

消費者はどんな行動をとったのか?

人々は

ひたすら

節約に走って

消費が減退し

安売り時代が到来したのか?

続きは・・・

「スペンドシフト」

を読んでいただくか

TD感動フェアで

お聞きになってくださいネ

さらに

「価値ある1冊セミナー」では

カレンダー業界における

「スペンドシフト」の

お話しをさせていただきます

1月から

正式なお申し込みを

スタートしますので

よろしくお願いいたします

トーダンのかっちゃんでした

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●
いつもTDメルマガをご購読いただきありがとうございます。

12月10日の皆既月食はみなさんご覧になりましたでしょうか?
月の色が次第に赤くなっていく様子はとても幻想的でしたね。
翌日のニュースなどでも取り上げられたりと関心の高さがうかが
えました。
12月ももう後半をむかえます。バタバタとせわしなく忙しい時期
になりますが、体調にはくれぐれも気をつけてお過ごしください。

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:誰もが一度は抱く《ゆめ》や《ロマン》…

   どこかに置き忘れてませんか? 
 
   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄 http://www.todan.co.jp
| 発行担当:大木雅裕
| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────