メルマガ202【市場は常に流れる川の如し】

TDメルマガNo.202 【市場は常に流れる川の如し】
2012102919

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆ 市場は常に流れる川の如し ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第202号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

トーダンのかっちゃんです♪

めっきり

秋の気配が深まり

ひたひたと冬が迫ってくる今日この頃です

10月30日は

ハロウィーンです

かぼちゃのお化けを飾り

子どもたちが魔女や様々な仮装をして近所を回る

この行事

TDカレンダーの「こよみ情報」にも載っています

海外の行事なのに

日本のカレンダーに載っていること自体

よ~く考えると不思議なものです

でも日本人は

クリスチャンでもないけれど

盛大にクリスマスを祝い

企業は商売っ気丸出しでこのイベントを活用しています

日本人は

海外の風習でも食べ物でも

うまく取り入れて自分たちの文化にしてしまう

本当に天才的だと思います

ところで

ハロウィーンはもともと

キリスト教のお祭りではなかったのをご存知ですか?

もともとは

ケルト民族の冬の到来を告げるお祭りだったんです

それを

キリスト教の別の行事に重ね合わせて

他民族を

キリスト教徒に取り込むために

すり替えてしまったものなんですネ

他にも

キリスト教を普及させる為に

他民族の行事やお祭りを

ドンドン取り込んでいったんです

自分たちの教義や慣行にこだわっていたら

キリスト教を普及させる事はできない

だから・・・・

柔軟に

自分たちを変えていった

実は

クリスマスの

クリスマスツリーもそうなんですよ~

それはまた別の機会に・・・・・

—————————————————————-

ここで

かっちゃんが言いたいのは

「ビジネス」に通じることを

「宗教」でさえやっていると言う事です

環境、状況、雰囲気を的確に察知し

柔軟に自分たちを変えていく

「変化しないものは、死あるのみ」

もちろん

・変えてはいけないもの

・変えなくても良いもの

・変えなくてはいけないもの

 などありますが・・・・

その判断を下せるのは

あなた自身

常に世の中の

状況や環境

人々の心の変化を

よ~く観察して

正しい判断ができるようにしたいものです

—————————————————————

キリスト教は

こうして

次々と

他民族、他宗教の風習、慣習を

取り入れて変化させてきた・・・

だから

数千年も存続しながらやってこられたのでしょうネ

人心を掌握するために

「何をすれば喜ばれるのか」という基本を実行している

かっちゃんも

見習わなければいけないと思います (^_^;

—————————————————————

ところで

タイトルの「市場は常に流れる川の如し」ですが

川の表面だけを見ていれば

何も代わり映えなく見えますが

同じ水がとどまる事は無く

常に水面下では水はドンドン上流から流れ入れ替わり

魚も居場所を変えている

僕たちも

自分の市場の表面だけを見ていれば

毎月、毎年代わり映えしないように感じますが

よ~く観察すると

いろいろな変化をしています

特に

大切なのが

「自分以外の業界」を観察し

その変化とケーススタディー(事例)を学ぶこと

自分以外の業界だと

客観的に冷静に観察、判断できると

かっちゃんは思います

また

都会と地方ではかなり状況が違います

自分たちの居場所だけを観察して

市場を決め付けるのは非常に危険です

今年

ある地方でローカルな電車に乗ったところ

学生や社会人の方の多くが紙の書籍や読み物を読んでいる

かっちゃんの仕事場のある

東京では

多くの学生や社会人が携帯をいじっている

東京だけ見て

もうスマホの時代で完全に紙の媒体はダメだ

と決め付けるのは危険な気がします

テレビの

SAXO BANK(サクソバンク)のCMで

世界中の動きが目の前に・・・・

なんていうコトバが流れてきますが

極端な話

日本でも都市部だけではなく

地方、更にはアジア、世界に目を向けないと

これからのビジネスは難しくなる時代になると思います

かっちゃんは

10月のフランクフルトでのBookFair

1月のPaperworldでの

報告を兼ねたセミナーを

2月13日に計画しています

また

恒例のTD感動フェアは

3月12日(火)~14日(木)の3日間で開催されます

まだまだ

カレンダー商戦、真っ盛りの時で

来年のことなどいうと

叱られそうですが・・・・

経営者であるあなたは

もう

来年のことも考えながら

仕事されていると思うので

早いですが、ご案内させていただきました。

よろしくお願いしま~す

かっちゃんでした

▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●
いつもTDメルマガをご購読いただきありがとうございます。

めっきり秋の陽気で朝は寒く感じるようになってきました。
(日中はまだまだ暑い日もありますが・・・)
バタバタとせわしない日が続いていますが、振り返ると前回の
メルマガ201号はちょうど1ヶ月前に発行していました。
改めて日が過ぎるのが早いことを感じさせられます。
まだまだ最盛期が続きますが、次回のメルマガもどうぞお楽しみに!
▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●▼●

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:誰もが一度は抱く《ゆめ》や《ロマン》…

   どこかに置き忘れてませんか? 
 
   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄 http://www.todan.co.jp
| 発行担当:大木雅裕
| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────