メルマガ36【『おもい』を伝える】

TDメルマガNo.36 【『おもい』を伝える】
2007050917

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆  『おもい』を伝える   ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第36号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

こんにちは!

トーダン社長の強口邦雄です。

ゴールデンウィークも終わり

気持ちを入れ替え

今週から仕事に身を入れる時期ですね。

・主要なお客さんを回り終え一息
・まだまだこれから回らなくては
・新規開拓に頭をひねっている
・ライバルの動向が気になる
・値上げ対策を思案している

などなど、
様々な『想い』でこれからの仕事に
向かっていくのでしょうね。

……………………………………………………………………………

ところで…

『おもい』を伝えることが重要と、

お匠さんの藤村正宏先生は言うけれど…

自分の『おもい』を

うまく伝えること

実はこれが、なかなか難しい!

いや、
     …と言うより

『おもい』をうまく“表現”する

あるいは

“発見”“気がつく”こと

がけっこう出来ないんですネ!

かく言う私も、

『おもい』を伝えることで

       いつも、苦労しています(^^;

潜在的には

人は誰でも

必ず何らかの『おもい』を持っている
           (…と僕は思うんです)

でもその『おもい』を明確に

          自分自身で意識できない(ことが多い)

そのために

“目標”が定まらない…

【誰も理解してくれない!】…

【評価してくれない】…

【結果が出ない】…

と自分を責めたり、他人を責めたりする。

灯台下暗し(意味分かりますよね?)

と言うコトバがあるように、

自分のことは自分が一番分からなくて、

周りの人の方がよっぽど「ボク」のことを

理解している場合があるんですネ。

……………………………………………………………………………

そんな『おもい』の表現で

最近、参考になったもの

1.PENTAX:日経新聞の全面広告で、余白を充分にとって
         カメラがぽつんと鎮座し、お手紙形式で出たものです。

   ペンタックスは幸せものです。

  拝啓、ペンタックスユーザーのみなさん。
  今回はちょっと趣向を変えて、お手紙でお伝えさせていただきます。

  では、まずはじめに、お礼を。
  7月発売のスタンダード機「K100D」はおかげさまで販売好調
  です。
  ブログをはじめネット上で数え切れないくらいの意見が交わされ、
  我々も一喜一憂しながら、たくさんの気づきをいただきました。
  これも愛用してくれた皆さんがいたからにほかなりません。
  本当にありがとうございました。
  そして11月30日。皆さんの声を反映させた「K10D」を発売
  します。
  発売を延期してご迷惑をおかけしましたが、
  必ずや満足していただける仕上がりと自負しています。
  いつの時代も新しい「K」が出る時は、ペンタックスの転換期で
  あったように、今回の「K10D」もそうなるのではと、内心
  わくわくしています。

  カメラにとっての幸せとは、みなさんに使ってもらうこと。
  だからこそペンタックスは幸せものです。
  これからみなさんに喜んで使ってもらえるカメラを生み出すために
  製品作りに反映させますので、ドンドン声をいただけたらと思います。

  敬具  ペンタックス

  かっちゃんの感想:
   ぼくはペンタックス・ユーザーなんですが、こんな
   お手紙を読むとビビッときてしまいます。
   ペンタックスは専門的にいうと“色収差”など精度の点
   でプロ・マニア向けではないと言われます。
   でも、ぼくのような素人や家族が使うにはとっても
   “使いやすく”て“カンタン”です。
   それでいて、色の発色がとっても素敵です(個人的好み)
   そんなファンには泣かせるコピーです。
   ただ、『みなさん』ではなく『あなた』にして欲しかった…

2.美術館前動物病院:ぼくの参加しているSNSで知った静岡県静岡市
           にある病院のHPに書いてある 院長 田中一則さん
           のメッセージ(個人的には会ったことありません)
           http://www.animalhospital.jp/index.html

  院長のメッセージ:
  子供の頃、鍵っ子の私にとって、
  いつも家で待っていてくれる犬は大切な家族の1人でした。
  いつものように一緒に遊んでいたある日、
  その犬が私の不注意からバイクにはねられてしまいました。
  当時の獣医さんにはレントゲンもなく、
  痛がって震える犬を抱きかかえながら
  不安な夜を過ごしたことを憶えています。
  人と同じように
  充実した医療を受けることが出来る病院を作りたい、
  その気持ちが今の私の原点です。

  かっちゃんの感想:
   知らない人ですがHPを見たら結構「ぐっ」ときました。
   ペットを飼っていたら
   こんな病院に連れて行きたいなと思いました。
   HPでの病院は落ち着いた感じでとても動物にやさしく
   癒される感じの施設のようです。

3.ジャパネットたかた:言わずも有名なテレビ通販
            ビデオのCMで高田社長のメッセージには
            「なるほど」と思ってしまうことが
            多々あります。

  ビデオカメラの紹介で、
  「お子さんのために、お父さんやお母さんも撮ってください」
  という「訴え」のテレビ紹介です。子供が成長したときに
  自分の親の若い映像が、遠く昔の家族の幸せな日々を思い起こ
  し、ビデオがもう一度家族の幸せを確認させてくれるという
  『おもい』が見事に伝わっていました。

  かっちゃんの感想:
   確かにビデオで子供ばかり追いかけていて、奥様や
   ボク自身があまり登場していないなと反省してしまいました。
   一時、情報漏えいで高田社長がTVに出なくなり、代わりの
   社員が商品紹介をしていた時期がありました。たぶん台本は
   同じなんだろうけど、『おもい』が伝わってこないんです。
   その時、思ったのが“形”や“セリフ”をコピーしても
   『おもい』は伝わらない。
   本物の『心からのおもい』が必要なんじゃないのかなと…

……………………………………………………………………………

TDカレンダー

それぞれのカレンダーに対する

製作への『おもい』があります。

カタログやカレンダーの表紙で

一所懸命に表現しようとしているのですが…

なかなか、

これがムズカシイ!!(-_-;)

自分たちの『おもい』を伝えることが

うまく出来れば、

もっと、もっと

“良い仕事”が出来るし、

“楽しく仕事”が出来るんじゃないか

                …と思うのです。

『おもい』をうまく伝えるために、

自分で心がけていること…

それは、

 たくさんのチラシやポスター、雑誌広告などを
 チェックすること

そこから、

 『おもい』をうまく伝えるコピーを発見すること

“意識”を強く持って、
コピーをチェックしています。

それが、自分の“価値”を伝える
すばらしいコピーの発想につながれば良いな~

と思っています。

そして、

『心からのおもい』を

本物の情熱をもって伝えてくださいネ!

かっちゃん、こと強口邦雄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■         ここでお知らせです!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   突然ですが、《価値ある1冊セミナー》が
   5月11日に博多で、5月18日に名古屋で開催されます。
   九州、名古屋の方にかかわらずご参加いただけます。
   詳しくは営業まで…         

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:大分長く間が空きまして、すみませんでした。

   GW明け、皆さん気持ちを引き締め頑張りましょう!

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────