メルマガ40【自動思考の解き方 号外編】

TDメルマガNo.40 【自動思考の解き方 号外編】
2007061316

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆  自動思考の解き方 号外編 ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第40号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

皆さん、こんにちは!

トーダン社長のかっちゃんです。

先週末は

大雨と雷で結構すごい天気でした。

もうこれで、

梅雨入りかなと思っていたら

その後は、天気が持ち直しました。

梅雨になると、

庭のアジサイがとっても綺麗です。

雨はあまり好きじゃないけれど、

昔は、

アマガエルやカタツムリ

を見かけると

雨の風情も時には良いなと思うことがありました。

やっぱり、

日本の四季はすばらしいと

実感するこの頃です。

…………………………………………………………………………

さて、今日は

《呪縛の解き方》号外編です。

前の39号で、

カレンダーの海外での相場観について話をしましたが、

その件で、

鹿児島のMさんからメールをいただきました。

 『ローマではカレンダーが

 10~15ユーロだったそうです。

 ということは、日本円で\1,680 ~\2,520 ですよね。

 イタリア人の相場観は“\2,000前後”ということですね』

Mさん、ありがとう!

  ローマ行ったんですか…、羨ましいな!
              ワインにイタ飯も良いなぁ~

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

ところで、

《呪縛の解き方》で伝え忘れていたことがありました。

それは、

価値ある売り方に

チャレンジすると

必ず、ネガティブな人が現れること

・高いなら要らない!
・どうせタダであげるんだから“安くていい!!”
・それで何のメリットがある訳?
・よそからの見積もりの方が安いよ!

などなど、

まぁ、一通り

自分の気持ち(おもい)や

自分の方がいかに良いかを伝えて

それでも“ダメ”なら、

深追いはしない。

自分の客ではないと、

さっさと、悟って

相手にしないこと。

これがコツ!!

とても重要なことなんです。

話にならない相手にかかわっていると

悪い“気”を受けて、

悪影響を受けるし、

まず時間のムダになる。

これ本当の話!!

…………………………………………………………………………

ボクの取引先を見ていても

儲かっている“会社の社長さん”は

ほとんどがポジティブ(プラス)思考です。

商売での悪い話、ネガティブな話は余りしません。

《呪縛》を解くために

マイナスになる客は、

割り切って関わらないこと(さっと切り捨てる)

これが、伝え忘れていた

《呪縛の解き方》です。

そして、

成功体験を重ねるほどに

あなたは自信にあふれ、

《価値》を売ることのすばらしさと

《売上と利益》という果実を

手に入れること間違いありません!

次回は未来予測について

お話したいと思います。

かっちゃんでした。

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:自分の思いをポジティブに伝えるのは難しいものです。

   まずはAPカタログを使ってお客様にお話してみませんか?      

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────