メルマガ43【公平なルール】

TDメルマガNo.43 【公平なルール】
2007071017

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆  公平なルール  ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第43号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

みなさ~ん
お元気ですか?

トーダン社長のかっちゃんです!

7月もすでに中旬に突入、

いよいよ、子供たちの夏休みも

もう、間近ですね。

7月に入ったと言うことで、

発表します!!

じゃ~ん、

新企画の売れ行きベスト10です。

途中経過ですが…

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<新企画商品ベスト10>

順位 品番 品名
1 791 【10月スタート・3ヶ月文字月表】
2 524 【トーハン・DXアバブ~天空の世界旅行】
3 653 【癒しの楽園~三好和義作品集~】
4 504 【トーハン・DX 京都へ行こう】
5 770 【マイケル・ファーマン】
6 898 【リラックス ~ロハスな生活~】
7 893 【旭山動物園カレンダー】
8 844 【ビジネスで勝利をつかむ五輪書カレンダー】
9 971 【ちょっと和なフリープラン】
10 894 【海の住人~エコライフ~】

   (*見本、選抜を除く、実質の販売実績数による)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【10月スタート・3ヶ月文字】は、

早く売らないといけませんから

これが1位は当然でしょうね。

でも、

【旭山動物園】が

ベスト3に入っていないのが意外です。

後半ダッシュタイプかも…

…………………………………………………………………………

カレンダーのプロである

あなたは、

ご存知だとは思いますが、

7月2日が1年の真ん中(365日の場合)

今日は7月10日だから、

もうすでに、1年の後半に突入してます。

・色々事を起こしているあなた!
・あれこれ考えながら、まだ動き出せないあなた!
・まだまだと思っていたら、もう半年過ぎたと気付いたあなた!
・いつかやりたいと、いつまでも思っているあなた!

いずれにしろ、

“やれなかった”と後悔するより、

とにかくやってみる!!

           …です。

________________________________

今日の本題です。

未来予測には、

合理性のある“公平なルール”も

関係してくる。

歴史のある業界ほど、

その掟(おきて)や長年の慣習が

まかり通り、

なかなか時代の変化についていけない現状があります。

自分たちの

現状の不合理に目をつぶり

“不公平なルール”でやっていると

いずれ、ほころびが出て

軌道修正を余儀なくされる

または、

自分の会社がおかしくなる。(たぶん)

…………………………………………………………………………

分かりやすく、

カレンダー業界のことで説明すると

従来の商習慣は、

・大量生産
・大量販売
・大量消費

     が前提で、

     しかも、

      ・人件費が安く
      ・のどかで、時間がコストに反映しない

     そうした時代にカレンダーが出来上がっていたんですね。

今はと言うと…

・小ロット生産
・少量販売で
・人件費負担は重く
・スピード化で時間がコストに反映する時代です。

だから…

50部の注文は、(喜んでやらせていただきますが)

従来のルールではコストが合いません。

…………………………………………………………………………

そこで、

トーダンは

小口割増料金、季節料金、洗替料金(色刷り)、

特色インク作成料金、特急料金

といった時間=コストと

なる価格を見直したのです。

そして、

メーカーも適正料金

販売代理店さんも適正料金で

適正な利益を受け取らなければ

      いずれ無理が来て

       おかしくなる…

だから、

今、やらなくては

と言うのが

トーダンの《新営業スタイル》です。

その時に

“公平なルール”とは

        何ぞや…と考えると

僕のように

何十年も業界に染まっていると

何が、公平で

何が、不合理なのか分からなくなってしまっている。

…………………………………………………………………………

そこで、

注目するのが

アメリカのルールです!

グローバルスタンダードという

コトバがもてはやされたことがありますが、

さまざまな人種や宗教と

“価値観”“思想”の違い

これらを乗り越えて仕事をしていく

アメリカでは、

“公平なルール”が求められます。

だから、

アメリカの“カレンダー業界のルール”

を参考にすると…

結構、これが

     “目からうろこ”なんですね。

実に良く出来ている!!

…………………………………………………………………………

アメリカの名入れカレンダーを扱うのは

白人、黒人、ヒスパニック、インド人、中国人、韓国人

さまざまな“価値観”“倫理観”“思想”

を持った人たちです。

さらに、

みんな自己主張が強い。

みんなが納得して商売するには

“合理性”がないと

トラブル、訴訟に発展しかねない。

長い年月をかけ、

さまざまなトラブルや問題を経て

出来上がったのだと思うのですが

ルールがとても合理的です!!

日本より早く

人件費問題を経験し、

小ロット化問題も克服してきた

アメリカのルールを

参考にするのは

日本のカレンダー業界の将来を予測する場合

有効な手段といえます。

日本は単一民族で、

しかも欧米とは違う価値観を持っていますが、

これからは、

合理性のある“公平なルール”が必要になります。

この先も、

トーダンが打ち出す

さまざまな“ルール”や“試み”に

是非、皆さんのご理解とご協力を

お願いしたいと思います。

では、かっちゃんでした。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:今年も既に折り返し点、早いものです。でもまだ1年の半分。

   今からでもスタートは遅くないですよ!            

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────