メルマガ49【5代目の決意】

TDメルマガNo.49 【5代目の決意】
2007082816

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆  5代目の決意  ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第49号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

みなさ~ん
お元気ですか?

トーダン社長のかっちゃんです!

もう来週からは、

9月ですね!

夏休み、いかがでしたか?

ボクは、

ここ2年続けて

大口債権の引っ掛かりがあり

『休みどころ、じゃないよ!』

              …と

春のスキーも謹慎し、

温泉旅行も取りやめ、

ディズニー・ランドにも行かず、

ひたすら“仕事一途に”

仕事、仕事、仕事、仕事、仕事

と“修験者”のように励んできました。

     家族もその犠牲者になりましたが…(^^;

このまま、

休まず

仕事一途に、

走り続けると…

“心筋梗塞”か“うつ病”になりそうなので

身の危険を感じ??

   “夏休み”をいただくことにし、

       バリ島に行ってきました。

バリ島は初めてでしたが、

       とっても良かった!

その昔、東団会(*)で行ったという

伝説の【バリ島】です。

ヌサドヮという

インドネシア政府が国策で開発したという

リゾート地にあるホテルに

1週間…

プールサイドで

ボーッとしたり、

海辺で

本読んだりと

本当に命の洗たくをしてきました。

実は、

このバリ島で《価値》の“原点”を考えさせる

“発見”がありました。

これは、またいつかメルマガで…

*:TD商品の販売代理店で組織された会。
  ボクはまだ社員ではなかったので、行
  ってはいませんが、30年前に行った
  方々からは絶賛の『感動旅行』だった
  そうです。

…………………………………………………………………………

ところで、

今日は5代目の決意 …でしたね。

トーダンは、

来年で創業105年になる

歴史ある会社ですが、

ボクは家業を継ぐ気などもなく、

ひたすら大好きな数学の勉強をしていました。
       (それと、スキー&ディスコ)

代数計算、
連立方程式、
微分積分、
マトリックス

大学に行っては、

OR(Operations Research)オペレーションズ・リサーチ
IE (Industrial Engineering)生産工学
HE (Human Engineering) 人間工学
SE (System Engineering)システム工学
BA (Business Administration)経営学
PERT(Program Evaluation and Review Technique)スケジューリング
アセンブラ、コボル、フォートラン
ダイナミックプログラミング(全てプログラミング関連です)
マルコフチェーン(卒論)
などなど…

 (社会人になってからは『四則演算』以外使ったことがないなぁ~)

卒業したら、

どこかの研究機関で数学を使った

仕事でもしようかなと思っていました。

そんな、

世間知らずの5代目が

家業のカレンダー屋を

継ぐことになってしまったんです!
    (経緯は長くなるのでここでは割愛しますね)

sssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

カレンダー屋の

“せがれ”は、

修行で都内の“販売店の営業”として、

働き始めました。

ユニフォームのジャンパーを着込んで

丸の内や神田をはじめ、都内を営業して回りました。

既存顧客も担当させてもらいましたが、

【新規開拓】にも励みました。

最初は“コツ”が分からず、

“名刺”をつっ返されるは、

“ゴミ箱”に捨てられるは、

“プライド”もズタズタにされ、

“中小零細企業”の悲哀を

    …“いやっ”というほど味わいました。

丸の内界隈で飛び込み営業していると、

某大手商社に行った

大学の同級生(ボクの方がず~っと優秀だった…)に

バッタリ会った時のこと、

『お前、こんなとこで箱(見本)抱えて何してんだ!?』

       …と言われた時のつらさ!!

彼はNY出張から帰国したばかりで…

自信にあふれたオーラを発揮し、

凛々しいスーツ姿がまぶしく見えました。

自信を失いかけ、

ぱっとしないユニフォームの自分

瞬時に彼とボクとを

比較している自分がいました。

そのとき、

ボクは、“決意”したんです。

絶対に引け目を感じない、

仕事をしよう

プライドを持ち

社会に存在感のある仕事をしよう

            …と

…………………………………………………………………………

販売店での“修行?”を終えて、

トーダンに来てみると

カレンダー業界では

後発の中堅カレンダー・メーカーで…

社員は親父の頃からの古参ばかり…

会議の内容も

仕事振りも

けっしてレベルの高い“プロの仕事”とは

縁遠い会社の雰囲気でした。

でも、良い点もあって…

      会社は明るく、

         みんな親切で、

アットホームな感じののどかな社風でした。

“ノルマ”や“ガッツ”で

身を粉にして働く“仕事”“仕事”の世界とは

無縁でした。

営業なんか、

ひまになると、

パチンコか喫茶店に行ってしまう(大昔の話です)

“プライド”の持てる仕事をしようと

決意したボクの気持ちも

そんな環境の中で、

萎えそうになり、

とてもじゃないけど、

友人に胸を張って“会社”の話が出来る

状況ではありませんでした。

…………………………………………………………………………

【SONY】
【Honda】
【JAL】
【東京海上】などなど

入社してしまっただけで、

一流会社の証(あかし)みたいな

“金看板”を背負って仕事している人間と

プライドが見つからない

中小企業の人間の“ボク”

【この差をなんとか縮めたい】

そう思った

ボクは、

まず、プライドを持つためには

“ブランド・カレンダー”

の開発が良いのではと考えました。

…………………………………………………………………………

70年代、80年代当時の

ブランドと言えば“ファッション・ブランド”

そこで当時人気の…

【ピエールカルダン】
【ハナエ・モリ】
【山本寛斎】などなど…

彼らとコラボ(いっしょに)で

デザインカレンダーを作りませんかと

折衝し、役員会までこぎつけた案件も

ありました。

でも…

結局ある【条件】で

すべて断られたのです。

トーダンのカレンダーは

不特定多数の中小企業の

“名入れ”が入るから《ダメ》

というのがその理由でした。

一流企業、大手企業は

社会的な地位も認知度も高いから

カレンダーへの“名入れ”はOK。

中小企業はイメージが低いから…NO?

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

ボクは、

心の中で…叫んでいました!

一流企業、大手企業は立派だから…OK!?

『ふざけんじゃね~よ!!

中小企業だって

一生懸命、まじめに仕事しているところは

いっぱいあるよ!!』

そして、

ようやく、めぐり会ったのが

【PLAYBOY】でした。

このストーリーは、

又の機会に…

…………………………………………………………………………

そして、ボクは

アメリカとの版権契約、

カレンダーの出版成約に傾倒していきます。

彼らは、

カレンダーが

《文化》の伝達ツールとして《価値》があると認め

カレンダーを通して

《文化》を一般大衆に知ってもらうこと。

それが、教養として浸透し

その中から将来のよき理解者ができ

《文化》がドンドン高まることが重要と

考えていたのです。

そして、

カレンダーに

中小企業の名入れをすることを

問題とされることはありませんでした。
  (一部ありましたが、根強い説得で理解してくれました)

ボクのあつい熱意に

さまざまな“版権”許可が

OKになっていきました。

そして、

トーダンは、

一流出版社
     有名美術館
          一流アーティスト
                  一流写真家

などと仕事をし

たくさんの“プライド”のもてる

カレンダーを毎年発行することが

出来るようになったのです。

でも…

その頃は

まだ、カレンダー作りに対する

真の《おもい》は、

まだ、まだで…

自分たちの“プライド”作りのために

カレンダーを作っていた時期でした。

…………………………………………………………………………

中小企業で仕事をしていると

大手企業や一流企業と違い

“金看板”を背負っているわけではないので、

 いくら“イイ仕事”をしていても

    社会から

      “認め”られることは大変なんです。

だから…

人とは違う《独自化》と

それらを知ってもらうための

《価値》を伝える努力が必要なんですね。

自分たちの《価値》を

みんなに認めてもらうこと

それが…

“プライド”につながって行くんじゃないかと

思っています。

一介のカレンダー屋

で生涯を終えるのか?

世の中の皆さんに

喜ばれるようなカレンダーを薦めて

“感謝”され、

“感動”され、

社会に存在感のある仕事をし

充実した人生を送るのか?

その鍵は、

魂のこもった【TDカレンダー】を

世の中に広めることじゃないか

         …と思っています<言い過ぎ?(^^;>

かっちゃんでした。

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:暑い日が続きますが、朝夕に吹き抜ける風が秋を感じさせます。

   一つの季節の終わりは新しい季節の始まり。秋はすぐそこですよ!

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────