メルマガ50【おもいは作られる?】

TDメルマガNo.50 【おもいは作られる?】
2007090416

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       おかげさまで50号!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

┼──────────────────────────────

│◎◎◎◎◎ おもいは作られる? ◎◎◎◎◎
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第50号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日頃TDメルマガをご愛読いただき、誠にありがとうございます。

このメルマガも早いもので1年4ヶ月、50号を数える時が来ました。

ひとえに読者の皆さんのおかげと、感謝しております。

【カレンダーの将来はどうなる?】と、気になっている方もいらっしゃる

かもしれませんが、アナログなカレンダーは今後とも不滅と信じています。

でも、パソコン技術の進化で印刷無し、月毎に絵柄と玉(カレンダーの

文字の部分です)を思いのままに変えてしまう、なんてカレンダーも

近い将来出てくるでしょう。

でも、そんな新時代のライバルにも負けない『おもい』の詰まった

TDカレンダーを開発し、感動のギフトとして《価値》を伝え、

くらしとこころを豊かにするカレンダーを販売していきたい…

その思いは変わりません。

どのようにして《価値》を発信し『おもい』を伝えていけば良いか?

今後共、この課題に取り組んでいきたいと思います。

これからもTDメルマガ、

そしてTDカレンダーをどうぞよろしくお願いいたします。

                    発行担当 飯塚 博
mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

みなさ~ん
お元気ですか?

トーダン社長のかっちゃんです!

今回で記念すべき『50号』です!
        (ワ~イ、パチパチ)

昨年の4月27日に

メルマガ1号を発信してから

1年と4ヶ月が経ちます。

最初は、

トーダンという会社やTD商品を

もっと知ってもらいたい

2月開催の“感動フェア”で

伝えきれないことを伝えたい

と思ってはじめたことなので…

まぁ~

   1~2回/月 くらい

         発行できれば

            と思っていました。

次第に、

自分の日記みたいになってしまい

多少、反省 (^^;

いままで、

お付き合いいただきありがとうございます!
               (感謝です)

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

当社コンサルタントの藤村正宏先生が

ご自身のメルマガで

ボクのメルマガを紹介くださり

最近では、

税理士さんをはじめ

エクスマ(*)に関係している方にも

読まれているみたいです(大変恐縮しています)。

なにせ、

特殊なカレンダー業界で

言いたいことを勝手に言っているんですから、

業界外の他人には

       ???

           じゃないかと?

思うところもあるんですが、

これからも、

勝手にやらせていただきますので

よろしかったら、お付き合いくださいネ!

カレンダーに限らず、

ダイアリーや日にち、スケジュールの管理

「こよみ」に関することも

書いていきます。

これからもよろしくお願いいたします。

 (*)エクスマ:当社コンサルタント・藤村正宏先生の主宰する
        “エクスペリエンス・マーケティング”
        (http://www.ex-ma.com) 
        を通じて知り合った皆さんです。

…………………………………………………………………………

今回は、

前回メルマガでふれた

《おもい》はどうして生まれるの?

について…

《おもい》はとっても重要だと思います!!

皆さん、

   今の仕事に《おもい》を持って

                 いますか?

最初から

《おもい》を持って仕事をしている人は

本当にすごい人だと思います。

ボクの場合、

50にして……

ようやく

《おもい》が見えてきた位ですから。

だから、

まだ、《おもい》が見つからないという

あなた!

心配しなくていいですヨ!(安心してください)

一生懸命、

いい仕事していれば…

きっとそのうち見つかります。(たぶん)

でも、

一生懸命、
まじめに
勉強し、
考え、
挑戦し、

仕事に取り組めば…の話です。

果報は寝て待てと、

歳を重ねればいつかは…

なんって、ユメユメ考えないでくださいね!
    (そんなこと、絶対ありえませんから)

…………………………………………………………………………

前回のメルマガ

『5代目の決意』で

“プライド”を持って仕事をするために

一生懸命

“良いカレンダー”を

          …作ろうと、

“ニーズ”や“ウォント”を探り

人気や流行のテーマを追いかけ

素材を吟味し

デザインを創意工夫し

他社とは違う

“高品質”なTDカレンダーを

一生懸命作ってきました。

おかげさまで

TDカレンダーは大人気で

評判もよく、

なんといっても

良かったのは

自分自身、

仕事に“プライド”が持てるようになったこと。

そして、

トーダンのメンバーも“自信”を

持つようになってきたことです。

…………………………………………………………………………

でも…

その頃から、

社会的な使命感、存在感と言うものを

意識するようになってきました。

トーダンは

社会にとって必要な会社なのか?

社会に貢献しているのか?

そして、

一個人としても、

【エジソン】、【フォード】
【モーツァルト】、【ピカソ】
【野口英世】、【坂本龍馬】

のように

歴史に残る仕事ができなくても、

今、生きている社会で

どんな仕事ができるんだろうか?

ボク自身、

どんな《価値》があるんだろうか?

そんな“自問”を

繰り返しているうちに、

『笑顔の向こうにカレンダーがある』

という情景が、

ボクのコンセプトになり、

さまざまな人に役立つ

さまざまな人にふさわしい

“TDカレンダー”を作ることが

ボクの《おもい》になってきたのです。

…………………………………………………………………………

そうした《おもい》が

・視力の弱い人も見やすい
        【グッドルック・シリーズ】

・計画性をもって人生設計ができる
        【3ヶ月、2ヶ月文字シリーズ】

・いやしがテーマの
        【ヒーリング・シリーズ】

・美術、芸術を愛する人のための
        【アートシリーズ】

・日本文化の再発見
        【和シリーズ】

・無漂白・無着色・無脱墨の
        【無漂白再生紙文字】

・忘れがちな季節感とゆとりを考える
        【新暦旧暦シリーズ】

などを生んできました。

iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii

トーダンは、

“笑顔の向こうにカレンダーがある”

をモットーに

【見る】【書く】【読む】

のテクニックに溺れず

カレンダーを

“楽しく”“ワクワク”“ドキドキ”

しながら利用していただけるように

作っていきたいなと思います。

あなたが

ただのカレンダー屋で終らないために

しなくてはいけないこと。

それは…

TDカレンダーを世に広めること。(笑い)

《おもい》のいっぱい詰まった

TDカレンダー、ダイアリー

をこれからも一生懸命

作って行きますのでよろしくネ。

かっちゃんでした。

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:繰り返しになりますが、今後ともTDメルマガとTDカレンダーを

   どうぞよろしく…次は100号を目指したいですね。

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────