メルマガ57【環境問題】

TDメルマガNo.57 【環境問題】
2007110916

┼──────────────────────────────

│   ☆☆☆☆☆ 環境問題 ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第57号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

みなさ~ん
お元気ですか?

トーダン社長のかっちゃんです!

本文に入る前に…
前号(56号)の追伸で
『小売専用品や店頭販売禁止商品をまれに店頭で
 見かけることがあります…』

とありましたが、
『小売専用“禁止”商品』の誤りです。
お詫びして、訂正いたします。

mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

今年、

旭川に行ったときのこと。

飛行機で羽田から行くのですが、

ネットで予約しようと調べたら

“旭川行き”は

ほとんどの便で残席数が少なく、

あわてて予約を入れました。

その後、

どうして?…と不審に思い

翌日、翌々日のフライトも調べると

満席の状態が続いているのです。

あっ…

そうか!

と思ったんです!!

みなさん

もうお分かりですよね?

当日、

機内に乗り込んで

やはりそうかと理解しました。

団体のツアー客がいっぱい!!

案の定、

旭川に着くと

【旭山動物園】行きのバスに乗り込む

グループばかり…

他にも、

女の子たちの個人グループも

動物園行きバスを待っています。

【旭山動物園】恐るべし…です!!

そうそう、

TDの【旭山動物園カレンダー】も

売れてます!

なぜか、

【名古屋】の会社の名入れだったり…

【東京】【広島】【群馬】【茨城】【埼玉】【宮城】
 の会社の名入れだったり…

意外と【北海道】は、

少ないです!!

……………………………………………………………………………………

ところで、

今日の本題《100%再生紙が無くなる?!》です。

これからの

重要な“キーワード”は、

《環境》と《健康》だと思います。

アメリカが

京都議定書を守れないのは、

大量生産、大量消費を前提として

たくさんの二酸化炭素を撒き散らし
大量のゴミを出し

楽チン、便利のためなら

なんでも動力化、自動化してしまおうと
なんでも使い捨てにしようと

しているからなんですネ。

多くの米国企業が

大量生産、大量消費を前提とした

工場を立てたり、
企業や店舗が生まれ

安い価格設定や

流通システムを作り上げている。

アメリカ人も

それに慣れた生活を送っているので

いまさら、

逆にはなかなか戻れないのでは

と思います。(だから、肥満が多いのか?…)

そうカンタンには

これまでの仕組みを

変えられないというのが

アメリカの現実かも…

……………………………………………………………………………………

環境問題では、

石油を使わない代替エネルギーとして

エタノールや

ハイブリッド車など

色々考えられていますが……

本当にそんなことをして

地球が救えるのでしょうか?

大量消費で

“地球が壊れかけている”

との危機感を

みんなが真剣に思うようになった今、

これからは、

《環境》問題を

抜きにして“未来”は語れないと思います。

【エネルギー保存の法則】

というのがあります。

モノを強くこすると、
摩擦熱でモノが熱くなる。

こするという“エネルギー”が

“熱”に変換されているんですね。

そして、

“エネルギー”は移動して熱になるだけ。

つまり、

何をやっても

エネルギーは移動する。

いわゆる“物々交換”のようなものです。

だから…

何をしても

    消費する限り、

         地球環境を汚していることになるんです!           

世界中の牛が、

ゲップをしただけで

地球の二酸化炭素が増えると

騒いでいたのも似たような問題です。

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

究極の地球にやさしいことは

『消費しないこと』…です。

飲まず、食わず、贅沢せず、遊ばず、動かず、

じっとしていること…

そんなことしたら、

生きている意味無いじゃ~ん

と思うでしょう!

そうですよね。

では、どうしたら良いかと言うと

“ムダ”をしないということでしょうかネ。

【食べきれるだけ】
【使いきれるだけ】
【過剰な贅沢はつつしむ】

まぁ~

“もったいない”
“ムダしない”

と言うことです。

カレンダーで言えば、

【配りきれるだけ】
【捨てられるようなものは作らない】
【省資源】

こうして考えると、

2ヶ月文字、3ヶ月文字は

【省資源】
【実用性が高い】
【喜ばれる】
【環境イメージがある】

といった点で

     断然お勧めです!!

……………………………………………………………………………………

ところで…

      【100%再生紙】が無くなるんです!!

地球環境に良いと言われていた

【100%再生紙】

でも…

     知っていたんですね。

製紙会社の人も

リサイクルを
良く勉強した人たち(トーダンも含めて)も

【100%再生紙】は

環境に良くないってことを。

【100%再生紙】は

リサイクル工程のエネルギー効率からして

環境には良くないし、

無理があるということなんです。

だから、

製紙会社が、

今頃になって

【100%再生紙】は環境負荷が高いから

作りませんって…

今頃、

言わなくては

いけなくなったのは

もう隠し通せなくなったからだと

             ボクは思っています。

……………………………………………………………………………………

だから、

トーダンのカレンダーは

今まで

再生紙だけでなく、

フラッシュパルプ紙、

植林紙など

さまざまな紙をバランス良く使用し

【100%再生紙】にはこだわっていなかったんです!

たとえ、

“環境”がテーマの写真を使ったカレンダーでも

再生紙でない

フレッシュパルプ100%の紙がある…

そこまで、

トーダンは考えていたんです。

《環境問題》

深く考え、

突き詰めて、

考えれば考えるほど難しい問題です。

……………………………………………………………………………………

追伸:

ハイブリッド車が

人気ですが…

        バッテリーやたくさんの部品を

        使っているから重たく、

        長距離はかえって不経済と言うし

        使用済みのバッテリーの始末が将来“問題”になる。

        トータルでの

        エネルギー消費量を考えたとき

        はたして、地球に優しいのだろうか?

環境にやさしいかどうかは、

    ハテナ…??という気がします。

ヨーロッパで

ディーゼル車の方が人気が高い

というのもうなずけます。

かっちゃんでした。

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:ディーゼル車も最近は規制が厳しい為、様々な環境対応策をとっています。

   先のことも考えて、品物の選択をしなければいけませんね。   

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────