メルマガ60【業界の常識は、社会の非常識】

TDメルマガNo.60 【業界の常識は、社会の非常識】
2007120817

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆ 業界の常識は、社会の非常識 ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第60号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

みなさ~ん
お元気ですか?

トーダン社長のかっちゃんです。

いよいよ、師走

大手鉄管メーカーが

強度改ざんの問題で

社長がいわく…

   《業界の常識は、社会の非常識》でした。

食品偽装もそうでしたが、

どの業界にも“特有の商習慣”があり、

一般人から見れば、

       …『おかしい!!』

というようなことも

業界では『当たり前!!』

逆に『社会的に当たり前』のことをすると

【知識不足】
【まだまだ未熟だ】
【お客様のことが分かっていない】
【お客様は神様なんだ】
【ダメ社員】
【出来損ない】
【応用が効かないやつ】

と“ダメ”レッテルを貼られてしまう。

逆に、
『業界の常識』を心得ると

【経験知識も申し分ない】
【お客様が正しい(間違った解釈ですが…)】
【出来るやつ】
【有能社員】
【客扱いがうまい】

と“エリート”社員として評価され

堂々、

業界で顔の利く仕事人として通用する。

………………

…………

……

防衛次官でこんな人、居ましたよね!

かく言う…ボクも

正論で仕事に励む“まっとうな社員”を

『業界の常識』で諭(さと)してきた様な気がします。( 反省(^^; )

……………………………………………………………………………………

最近、

数々の不祥事を“他人事”とせずに

【 エンドユーザーの視線 】で

物事を考えることが

とっても重要だと

つくづく、感じています、、、、、

ウォルマートの創業社長

サム・ウォルトンは、

『常にお客様が正しい』と言っていた

とか

経営の神様と言われた

松下電器創業社長の松下幸之助

は『お客様は神様』

とか

言うけれど、

本質は【 お客様の視線 】で

モノを考えろと

言うことだと思うんですね。

でも…

ボクを含め多くの企業人は

常に
お客様が正しい=『お客様の言いなりに…』
お客様は神様 =『お客様の言いなりに…』

って感じで、、、

本当に“深い意味”で

お客様のことを考えていなかった!

単純に考えて

いたんだと…

つくづく、反省しています。

……………………………………………………………………………………

本当は、

【トーダン】も

【販売店様】も

【広告主】も

【エンドユーザー】も

“幸せになる”仕事をすること

これが重要なんだと…

この年になって、

今頃気が付いています。

トーダンは、

“価値あるカレンダー”を

価値ある様に売ってくれる販売店さんに

利益をもたらすために、

あるいは

販売店さんの利益を守るために

トーダンは、仕事をします。(キッパリ!)

・「商品知識」
・「付加価値の上げ方」
・「カレンダーパワーの上げ方」
・「接客知識」
・「新規開拓の知識」
・「販売指導」
・「販売ツールの開発」

などなど

これからのトーダンは、

業界の常識に逆らいながら、

社会の常識に応えられる

会社へと変身していきます。

よろしくネ…

かっちゃんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

これより、新連載のコラムです!

  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●

こんにちは。

今日は、私の正体をばらすんでしたよね。
何か、闇の中に包まれていたい気もするな~

 黒い洋服も好きだし…(意味不明)

コーナー名を発表すれば、
   私のことをご存知なあなたには
           わかると思います。

              たぶん………

コーナー名は、
   ちょっと長いですが…

  えーっと…

    『カレンダー屋に永久就職した

             元スッチーのささやき』

                      です。

  なんか恥ずかしい…

    自分のことをさらしていて…

でも、思いっきりが大切ですものね!

   かっちゃんと結婚したときのように。

お会いしたことのあるあなた、

   私のこと、思い出してくれましたか?

      ありがとうございます。

  「そんな人、知らない…」

        とおっしゃるあなた、

     「はじめまして。
          魚住 淳子と申します。

       ニックネームは、
           ミラベルです。
                日本人ですが…

             よろしくお願いします。」

   仕事の時は、「強口」ではなく、旧姓の「魚住」です。

       いつ離婚してもいいように・・・(笑)

  な~んて、くだらない話はこれくらいにして、

      今後、このコーナーでは、

         カレンダーの話だけでなく、

            スッチー時代のおもしろ話、

          旅情報、食べ物情報、などなど

             好き勝手に書かせていただきます。

  どうぞ、お付き合いくださいね~

  今回は、カレンダーのお話です。

   新規の広告主から
       名入れカレンダーが欲しいと言われました。

 あなたは、この広告主に
    名入れのこと以外では、何を聞きますか?

   ・カレンダーの部数
   ・どんなカレンダーがいいか。
      ・壁掛け OR 卓上
      ・ジャンル   
        例 風景、文字、花、動物 etc・・・
   ・納期

 この3点については、必ず聞いていると思います。

     でも、これだけで十分でしょうか?

         不十分ですよね。

 どこの会社も

    広告宣伝にしても、販促物を作るんでも、

         『予算』

       がありますよね。

 その『予算』を聞くこと。

  これって、結構やってない人が多いんです。

 「教えてくれない」なんて言う人もいますが、

   教えてもらえるように聞いてないってこと…

 『予算』を聞くことで、

     広告主のためにも

     自分のためにも

       得することがあります。

   まず、広告主にとって得すること…

      あまり他ではもらえないようなカレンダーを

       広告主が選んでいれば別ですが、

      だいたいどこにでもあるような
            無難な文字月表が多い・・・

   予算が同じなのであれば、

        部数を減らしてでも
           文字月表ではなく、

          『他とは違うステキなカレンダー』のほうが

        もらった方としては
          印象に残るし、うれしい。

   結果、

          そのカレンダーをくれた広告主の会社の

             イメージアップにつながる。

       また、広告主が部数を限定するので、

          お客様との関係性も深まる。

   そして、
     今度はあなたのためにいいこと…

       ご存知の通り、単価の高いカレンダーの方が利益率は高い。

       また、広告主のことを考えた提案をするので、

       あなたと広告主との関係性も深まる。

    広告主が配る相手のことを考えないで

         カレンダーを選んでいることがよくあります。

        だから、捨てられるカレンダーも多いんですよね!

      私の知り合いからもよく言われます。

        「名入れのカレンダーって
            もらっても使えないもの多いよね。

           もったいないと思うけど、
             1年間かけておくと思うと許せなくて…

               ごみ箱に捨てちゃうのよね~」

        そういったあとで、
          TDのカタログを見て、

           「これにも名入れできるの?
              こういうのだったら欲しいのに~」

         ですって……

      いかに、広告主の自己満足で
         カレンダーを選んでいるかってことですね。

       こんなことも考えた上で、
        『予算』も考慮して、
      「もらってうれしいカレンダー」をすすめてあげてください。

         『他とは一味違うカレンダー』を。

     TDカレンダーは、
        もらってうれしいカレンダー、
           多いですよ~

    と、コマーシャルもすみましたので、

        今日は、この辺で…

  With a lot of Love,

         ミラベル

★   ★   ★   ★   ★ 

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:ついに師走。メルマガも60号となりました。

   コラムも含め、皆様の感想もお待ちしております…      

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────