メルマガ65【カレンダーは費用か投資か】

TDメルマガNo.65 【カレンダーは費用か投資か】
2008012516

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆☆ カレンダーは費用か投資か ☆☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第65号  ・・・・・

くらしを豊かに、心を豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

みなさ~ん

お元気ですか?

トーダンのかっちゃんです。

先ほど、
全協(*)総会から戻ってきました。

今年の会場は、
愛知県蒲郡にある銀波荘という旅館でした。

美しい海岸に立地し立派な建物ではありましたが、
あまり良い印象はありませんでした。

旅館業(旅館業とは限りませんが…)では、
一番大事なのはホスピタリティーなんだ…と

つくづく感じてしまいました。

・会場には、かばんやコートを置くところが無く
 土足で歩くカーペットに直置きしなくてはいけない
・会議中にお冷を配って歩く
 (普通は事前にテーブルに並べてあるんですが…)
・昼食の味噌汁はぬるい
・部屋に入ると暖めてなく寒い
・部屋に5-7人とぎゅうぎゅう詰めの布団
 (閑散期の木曜なんだから部屋はいっぱいあるはずなのに)

お客様の視線で考えていないな~

こんなことは、
お金を掛けないでも出来るんじゃないのかな?

…と思ってしまったかっちゃんでした。

(*)全協…『全国団扇扇子カレンダー協議会』の略。
      カレンダー、扇子を取扱うメーカー、販売店の団体。

*********************************************************

話は変わって【本題】です。

カレンダー費用は

会計簿記上では“広告宣伝費”です。

だから

下手な“ギフト”を

差し上げて“交際費”として

全額課税される位なら

立派なカレンダーを

差し上げた方がましだという方が居ます。

そういう意味では…

“税金”を払いたくない人には

カレンダーはとても

魅力的かもしれませんネ。

ボク自身は、

一生懸命に働いて

たくさん税金を納めて

立派な学校や病院、道路が出来た方が

良いなぁ~と思っていますが…

……………………………………………………………………………………

でも、

カレンダーの本来の魅力は

広告宣伝という“経費”で

落ちることが重要だとか、

そんなことじゃないんです。

カレンダーは、

・会社の《イメージ》を高めることが出来る!

・会社の販促につながる!

・会社の広告宣伝になる(使い方によっては)

・得意先へのギフトとして《関係性》を深めることが出来る!

だから、

積極的な“投資”なんですね。

でも…

一般的には、

・年末の挨拶代わり

・みんなが配っているから

などと考えて配っている企業や商店が多いと思います。

だから…

カレンダーを

ついつい

“費用”と考えてしまうんですね。

これは、大きな間違い!!

       …とボクは思います。

……………………………………………………………………………………

“経理部”や“総務部”の人たちは、

余計な“経費”には目を光らせ

削ろうとする(これはこれでとても重要なことです!)

経理マンや総務マンには

“経費”に映るカレンダーですから、

会社の売上や利益に

結びつかないと判断すれば、

カレンダーを配布する

営業部に対し、

積極的に“削減”“中止”を

勧告することになります。

経営者であるボク自身の

立場からすれば、

会社の

『イメージアップ』や、
『販促』や、
『広告宣伝』や、
『関係性を深める』ツールとして、

すご~く効果の高いカレンダーは、

《費用》ではなく《積極的な投資》

であると思うんです。

投資効果がどれほどあるのか

それを説明できれば…

営業がやりやすくなりませんか?

その答えは“2008年2月の感動フェア”で分かります。

トーダンの商品政策をより深く知り

販売にとっても役立つ営業支援講座と

最新のマーケッティング情報が分かる

『価値ある1冊セミナー』との

2部制です。

ご期待下さいネ!!

特に次世代を担う2世の方には

是非、聞いて欲しいと思っている

かっちゃんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●

カレンダー屋に永久就職した
      元スッチーのささやき

こんにちは。

魚住 淳子です。

さて、

今日は、

スッチー時代のお話を
ご紹介しますね。

私のスッチー時代といっても
ずいぶん前の話なので、
現在のスッチーとは、違っていると思います。

ご了承ください。

新人スッチーの担当する場所と言えば、
「ギャレー」

これは、「台所」のことです。

ギャレーの中でも、
ファーストクラスのギャレーは
特別で、

アシスタントパーサーといって、
3年以上の業務経験がないと、

担当させてはもらえません。

だから、
新人は、

ビジネスクラスか
エコノミークラスの
ギャレーを担当します。

私が
ビジネスクラスのギャレーの
担当をしたときのことです。

飛行機が離陸して、
お飲物のサービスも終わり、
お食事のトレーを配り始めたときです。

先輩スッチーが
ギャレーに戻ってきて、

「今日、ベジタリアンミールって載ってた?」
と聞かれ、

「いいえ、スペシャルミールの搭載は
 ありませんでした」

と答えると、

「ベジタリアンだっていうお客様がいて、
 肉も魚も食べられないっていうのよ」

そこで、
肉と魚の容器をはずして、
とりあえずは、
お出しすることに…

でも、
オードブルにも
ハムや魚介類が入っているし、

スープは
チキンコンソメだし…

食べられるものと言ったら、

サラダとパンとフルーツ。

御飯が大丈夫であれば、

加えて、
ご飯とみそ汁。

それにしても…

アメリカ路線だったので、

これだけでは、
おなかがもたない…

「どうしよう」
と考え込んでいるところへ

パーサーが…

事情を説明したところ、
「チーフに話しておくから、
 ファーストに行って、
 食べられそうなものを持ってきて、
 アレンジしてちょうだい!」

と言われました。

なるほど~

ファーストクラスは、
ギャレーの担当者が盛り付けをするので、

温野菜と肉、魚は別々に搭載されます。

ビジネスやエコノミーの食事のように
同じ容器には入っていないので、

肉や魚の臭いのついていない
温野菜や付け合わせのヌードルが
あるわけです。

また、デザートも
お客様に選んでいただくので、
数種類のチーズやフルーツも
搭載されています。

一つのお皿に

色とりどりの温野菜と
ヌードルを
盛り付け、

もう一つのお皿には、

数種類のチーズとクラッカー、
そして、
おいしそうなフルーツの盛り合わせ。

スペシャルミールを
頼み忘れてしまったお客様も
大満足です。

ただ、
ここで注意しなければいけないことは…

「今日は、たまたまファーストにも空席があって、
 このような調達ができましたが、

 できないことの方が多いので、
 次回からは、事前に
『ベジタリアンミール』をご注文なさることを
 お勧めいたします」

と、今回が特別だということを
お伝えしなければいけません。

そうしないと、
『やってもらうのが、当たり前』
になってしまうからです。

お伝えしてあっても、
「この前は、やってもらったのに…」
とおっしゃるお客様もいるくらいですから…

何を言いたいのかというと、

人間を相手にしている仕事だったら、

接客業から学ぶことって
たくさんあるということです。

製造業であるトーダンで
営業をしていても、

スッチー時代の経験が
とっても役に立っています。

おかげさまで、
私の部署は、
年々、売上も上がっています。

今日、お伝えしたかったのは、二つ。

ひとつは、

『臨機応変に対応することが大事』
             ということ。

もうひとつは、

『特別な行為に関しては、その理由を必ず言う』

それも
  さりげなく、
    もったいぶって…

「ん?二つ目のことがよくわからない?」

では、カレンダー業界に置き換えてみますね。

たとえば、

 お客様から最初に聞いていた納期より、
 どうしても10日間早く
 納品してほしいと言われたとき、

 繁忙期だから
 本来ならば難しいのに、

 社内的に何とか工面して、
 無理をして間に合わせたとします。

 でも、
 その事情を
 お客様に伝えなかったばかりに

 『特別』ではなく、
 『当然』として受け取られてしまい、

 翌年、また同じように、

 急に納期を早めてほしいと
 言ってくるお客様はいませんか?

 そして、

 その年は、注文が殺到していて、
 どう無理をしても間に合わないからと

 そのお客様に伝えると、

 「去年はできたんだから、
   今年できないなんて、おかしいだろう」

 と、反対に怒鳴られてしまう…

こんな経験ありませんか?

 あんまりもったいぶって
    言うのも何だと思いますが、

 さりげなく、
「あなたのためだから、何とかした」
 って言われたら、

誰だって、悪い気はしないでしょ?

関係性も深まるし、

価値も伝わる。

そして、お客様の啓蒙もできるってわけです!

当たり前のことなんですが、
なかなかできていない方もいるようなので
あえて、ご紹介しました。

では、寒いですから、
風邪などひかないよう、
気をつけてくださいね!

With a lot of love,

ミラベル

★   ★   ★   ★   ★ 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

トーダン感動フェアのお知らせ

日時:2008年2月27、28日(2日間)
場所:有楽町 交通会館12F 
料金:展示会は無料、セミナーは5,000円(秘密の弁当付)

内容:2月27日: 9:00~18:00 展示会(無料)
         12:00~14:30 昼食+セミナー

   2月28日: 9:00~17:00 展示会(無料)
         10:00~12:30 セミナー+昼食

基本的に2日間ともセミナーの内容は同じです。

詳細は、飯塚または牛腸
(iizuka@todan.co.jp)または(gocho@todan.co.jp)
までお問合せ下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:寒い日が続きます。先日の東京は久し振りの冠雪。

   皆様もからだを壊されません様に…      

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────