メルマガ85【環境問題とCO2】

TDメルマガNo.85 【環境問題とCO2】
2008091917

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆    環境問題とCO2   ☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第85号  ・・・・・

くらしを豊かに、こころを豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

みなさ~ん

お元気ですか?

トーダンのかっちゃんです♪

9月17日は、               

過ぎてしまいましたが

七十二候で

玄鳥去(つばめさる):ツバメが南へ去っていく

でした。

そして、

9月23日は、

“秋分”ですが

七十二候で

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ):雷が鳴らなくなる

です。

ツバメ自体

 最近、

  東京はもちろん

   横浜でも珍しいんですが

確かに

この時期、ツバメの姿を見なくなりました。

そして…

今年は

 “雷”“雷雨”が

   凄かったですネ。

トーダンは

落雷の影響で

工場のTLC(物流センター)の

PCやプリンターがやられてしまい

その後、

東京の本社が

やはり、雷で

電話回線とFAXがやられてしまいました。

もう雷が来なくなるのかと言う安心感と

雷対策しなくてはいけないな…と反省しています。(^^;

……………………………………………………………………………………

ところで、

最近、

環境問題というと

【自然を守り】
【環境破壊しない】
【公害につながる行為をしない】
【エネルギーや資源の無駄遣いをしない】

ことで

 地球に優しく

   子供たちや子孫に

     美しい地球環境を残すことが

       重要と考えられるようになりました。

ところが、

何を勘違いしたのか

リサイクルが一番とか

見た目での環境志向が

重視され

企業も個人も

いつの間にか

“本質”から外れた行為が

正しいと信じてしまうようなことが起きています。

……………………………………………………………………………………

再生紙の偽装問題が

発覚してから

製紙会社は

“間伐材”の活用や

“フレッシュパルプ”を使った方が、

再生紙より

“二酸化炭素”の排出を

  抑えることが出来るし

    自然環境への影響も良いと

     言い出しています。

そんなことは、

製紙について勉強していた人なら

当たり前と《分かっていた》はずです!

……………………………………………………………………………………

2006年2月、

TDの商品フェア(現、感動フェア)

特別「セミナー」では

王子製紙の部長に

環境問題について話をしていただきました。

その時も

“再生紙”だけではなく

“植林紙”や“フレッシュ・パルプ”の

 利用が大切であることを説いていましたが、

世の中は、

再生紙が“一番”。

それを使わない“企業”や“個人”は

白い目で見られる

風潮すらありました。

そんな中での偽装問題でした。

事実として、

植林紙やフレッシュパルプの方が

勝るとも劣らないとは

言えなかったんでしょうネ…

ccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc

最近、

当たり前になってしまった

ミネラルウォーターのペットボトル

750ミリリットルの

ボトル入りウォーターの生産、出荷で
排出されるCO2は

1リットルの水道水を得るのに
排出されるCO2の何と【300倍】

さらに

空のボトルのゴミ処理に
CO2が排出される。

最近、

一部の進んだ人の間では

水道水の水を飲むことが

環境保護につながると

“トレンド”になりつつあります。

水道水の

品質管理も良くなり

“安全”で“美味しく”なっているそうです。

……………………………………………………………………………………

そういえば…

横浜の小学校の一部では

子供たちが水道水をボトルに入れて

持参するという話を聞いたことが有ります。

最近では

横浜の水道水がかなり美味しくなっているようです
          (一部地域かもしれませんが…)

ブリタ(簡易浄水ポット)が

最近流行っているのも

単に、

ボトル入りのミネラルウォーターより

経済的と言うだけでなく

そうした背景が有るからでしょうね。(たぶん)

ccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc

先週、

TD-888 【無漂白再生紙文字】が

突然品薄になりご迷惑をおかけしました。

申し訳ありません m(._.)m

再生紙偽装問題とは

全く無縁の

ただ純粋に、古紙を溶かして紙にし

カレンダーとして印刷製本したものです。

この用紙は、

印刷適正が悪く

インキがかすれたり、

シワが発生したりします。

今回、

カレンダーにして

販売するのにふさわしくない

不良品が発生してしまい

年内の販売が困難になってしまいました。

来年は、

また、注意しながら

不良品とならないように生産しますので

よろしくお願いいたします。m(._.)m

……………………………………………………………………………………

カレンダーで、環境にやさしいというと

再生紙や

紙ホルダーのホットメルトなどが

思い浮かびますよネ。

広告主の企業イメージとして

需要が高いのですが…

CO2について言えば、

再生紙は、

回収にかかる、

【車のガソリンの消費】
【分別にかかる労力やエネルギー】
【脱色にかかる電気代】

などを考えると

CO2の排出量は

フレッシュパルプの方が

はるかに勝っているし、

ホットメルト(紙製本)は、

接着材を

【『200度』で常時(終日)暖めておく電気代】
【綴じるときの機械の電気代】などを考えると

やはり、

金具綴じの方が勝っています。

フィルムカレンダーを

1年間利用するのと

ペットボトルの飲料水を

1日2本飲むのと

どちらが環境にやさしいでしょうか?

そう考えると…

単純に

リサイクルだからとか

自然素材を使っているからとか

で判断するのではなく

トータルで

地球に負担をかけているのか

そうでないのかを

みんなが

考えるようになると

真の地球に優しいという活動に

つながると思います。

かっちゃんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カレンダー屋に永久就職した
元スッチーのささやき

最初に
お詫びしておかなくてはいけないことがあります。

今日は、『元スッチーのささやき』ではなく、
『素人の爆弾発言』になってしまいそうです。

ごめんなさい!

こんにちは。
魚住淳子です。

昨日は、福岡に出張だったのですが、
台風にも恐れられたようで、
何の影響もなく、
無事に日帰りできました。

あなたは、台風の被害にあってませんか?
気をつけてくださいね!

先日、エクステリアの会社の知人から相談があり、
エクステリアの展示場で
カレンダーフェアをすることになりました。

カレンダーで儲けようと思われているわけではなく、
フロントエンド商品として、
カレンダーを扱ってくださるんです。

その結果、お客様にどうしてほしいのかを伺い、
品揃えを考えることにしました。

いろいろなご質問をさせていただくうちにわかったのは、

今まで既存のお客様との関係性を深めてこなかったので、
まず、既存客にDMを送って、
多くの方に展示場にいらしてほしいとのことでした。

書店やデパートと違って、
展示場には、テーブルや椅子がたくさんあるので、

お茶でも飲んでいただきながら、
営業マンとおしゃべりを楽しんでいただき、
ゆったりとカレンダーをご覧いただこうということになりました。

お子様にも楽しんでいただくために
クリスマスの雰囲気が味わえる
アドベントカレンダーでくじ引きをしていただいたり…

ちょうど近くにはカレンダーを販売しているところが少ないそうで、
お客様にとってもうれしいフェアになるのではないかとのこと。

みんながハッピーであれば、
私もとってもハッピーです。

ところで、
エクステリアは高額商品なので、
短い期間に何度も購入していただける商品ではありません。

それで、私が気になったのが『アフターケア』についてです。

既存客ということは、
ご購入いただいたことがあるということですから。

今までは点検など、全くしていなかったとのことで、
最近ようやく考え始めたところだというお話でした。

であれば、いらしてくださったお客様に
営業マンと仲良くなっていただき、
困っている点などを伺って、
今後も相談しやすい関係性を作っていくのがいいのでは…

ということになりました。

カレンダーフェアで足を運んでいただく口実をつくるということです。
こんなカレンダーの販売の仕方もあるんですよ。

また、名入れカレンダーも作って、
フェアにいらしてくださったお客様に配りたいとのことでした。

DMでフェアにいらした方だけに差し上げる旨をお伝えし、
名入れカレンダーにも価値をつけました。

わざわざ取りにいらしていただくんです。
だから、ゴミ箱に行く可能性はないですね!

そして、もう一つご提案したのは、
『引き換え券』のようなものをつくって、
どのお客様がいらしてくださったか把握して、
顧客管理することです。

名入れカレンダーだけもらって帰る方もいるでしょうから、
その方には後でこちらからお礼のお手紙を出したり、
『アフターケア』のアプローチができるように
リストが必要だからです。

それと、名入れカレンダーの種類については、
思いっきり素人目線でお話ししちゃいました。

素人がもらってうれしくない、
あの『住宅カレンダー』のことです。

今まで、こちらの会社でも
業者から言われるままに
エクステリアの写真が入ったカレンダーに名入れして
お客様に配っていたそうです。

私が『住宅カレンダー』のことを例にあげて話すと、
近くにいらした女性の従業員の方々は、
大きくうなずいて、思いっきり賛同してくださいました。

すると、社長さんが、
「そういえば、うちの奥さんも
エクステリアの写真が入っているカレンダーは
絶対にかけないで、好きなのを買ってくるなあ」
と、思い出したようにおっしゃいました。

そうなんです!

今まで十数年間、
私が聞いた知人たちは全員、
ほしくないと言ってました。

「自分の家が出てる人くらいじゃない?あのカレンダー喜ぶの…」

私もその通りだと思います。

でも、ご存じのとおり、よく売れています。

「会社」で掛けるとしても、
大喜びで掛けているわけではないと思いますが…

ごめんなさい!
『素人の爆弾発言』です。

でも、
『エンドユーザーが喜ぶカレンダー』
を差し上げなければ、
広告主はうれしくないですよね。

そして、その広告主に
カレンダーを販売した販売店さんも
広告主が喜んでくださらなければ、
うれしくないでしょ?

販売店さんが喜んでくださらなければ
私たちメーカーもうれしくないです。

だから、
エンドユーザーが幸せであれば
広告主も
販売店も
メーカーも
みんな幸せになれると思うんです。

実際のところは
そんなことまで考えないで、
目先の売上と利益ばかり考えて販売しているのではないでしょうか?

もちろん、このメルマガを読んでくださっているあなたは、
そうではないと思いますが…

ただ、エンドユーザーにも、
 いろいろな好みがあります。
皆さんに喜んでいただくことは無理だと
 多くの方から言われます。

確かにおっしゃる通りです。

そこで、考えました!

広告主にとっては
『売上の上がるカレンダー』で
エンドユーザーにとっては
『もらってうれしいカレンダー』

この両方を満たすものを
 今年は試験的に販売してみるつもりです。

うまくいったら、
来年はおもしろいことになりそうです!!!

  楽しみです!!!

私にとっては、まだまだ
 これからがカレンダーのおもしろいシーズンです。

 やりたいことがたっくさん!

  みなさんも体には気をつけて
    カレンダービジネスで光り輝いて下さいね。

With a lot of Love,
      ミラベル

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:今年のトーダン感動フェアでも、環境について展示をさせて戴きました。

   TDカレンダーの金具もリサイクル品。金具だって、エコなんです。

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────