メルマガ91【これからがチャンスです】

TDメルマガNo.91 【これからがチャンスです】
2008111118

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆  これからがチャンスです ☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第91号  ・・・・・

くらしを豊かに、こころを豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

トーダンのかっちゃんです♪

11月12日は

七十二候で「地始凍(ちはじめてこおる)」です。

この頃になると、

大地が冷えて凍り始める

という意味です。

……………………………………………………………………………………

『霜柱(しもばしら)』

小学生の頃、

白い柱のような氷が

キノコのように伸びて

地面が盛り上がっているところを

ギュギュ

って踏みつける快感。

懐しい想い出です。

 (今の都会の小学生には、分からないでしょうね…)

……………………………………………………………………………………

カレンダーは

85%ほどが

もうすでに受注され、

あと、

15%ほどが

年内にかけて

これから注文として入ってきます。

11月30日が

毎年、

納期の“最大の山場”で

何とか、

この日までに納品して欲しいという

注文が大半です。

現在の受注も

【11月末納品】希望が圧倒的に多いです!

トーダンに限らず、

カレンダーメーカーは

10月初めくらいから

納期は

『30日くらい見てくださいね』

とか

『3週間から5週間見てください』

      …と言っています。

ccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc

でもちょっと待ってください!!

何かおかしくないですか???

だって、

11月20日に頼んだら

下手したら

12月のクリスマス頃になるわけ?

      …っていうことになるんですが、

そんなことはありません!

実は、

11月30日までが

極度のピークで、

12月5日を過ぎてしまうと

納期は、

  【劇的】に変わります!!

     (あくまで、トーダンの場合です)

ccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc

これからが、チャンスなんです!!

それは…

11月から店頭に

小売カレンダーが並び始め、

消費者の意識も、

もう【カレンダー】の時期なんだ、、、、と

【カレンダー】に向いて来ます。

今まで、

【カレンダー】を

作ったことのない企業、お店の

社長さんや営業部、総務部の人たち

あるいは、

今年、

カレンダー配ろうかどうしようか

迷っている人たちも

【カレンダー】を意識します。

そんな人たちに

【カレンダー】が

クリスマスまでに間に合うかどうか

        …なんって、言ったら

“ひく”に決まっていますよネ。

でも…

納期は30日以上かかるかもしれないし、、、、、

なんって、

11月のピークの頃の納期が

頭にこびり付いてはいませんか?

……………………………………………………………………………………

安心してください!!!!!

トーダンは

マラソンの35キロ過ぎの

ラストスパートのように

“余力”を残してあるので

12月に入ると

1週間くらいで納品できる場合が

大半なんです!!(商品によっては運悪く欠品しているものもあります)

11月、12月は

将来の

上得意さまを

獲得する“絶好の機会”なんです!!

……………………………………………………………………………………

11月の納品に追われて

もう“カレンダー”はこの辺で

 【イイヤ、、、】

     じゃなくて

これからが

ガンバル時。

将来のビジネスを広げる意味でも

これからの

“カレンダー”の

お問い合わせには

【積極的に】

【親切に】

【部数が少なくても】

【面倒なことを聞かれても(初めてだから当然です)】

前向きに

取り組んでくださいね。

そうすれば、

あなたの将来はとっても

明るいものとなります(たぶん)

かっちゃんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カレンダー屋に永久就職した
元スッチーのささやき

ずいぶん寒くなってきましたね!

ということは、
  『冬のおしゃれ』
    を楽しめる季節になってきたっていうことです。

こんにちは。
魚住 淳子です。

 女性にとっては
  本当にうれしい季節です!

ファッションも
いろんなバリエーションがあって
楽しめるし、

街自体も
クリスマス・イルミネーションや
ディスプレイで

ワクワクしてきませんか?

「カレンダーの繁忙期に何言ってんだー」
    って、叱られちゃうかもしれないけど、

  『カレンダー』 って、

  ステキな出来事を実現したり、
  心に残る思い出をつくったり、
  夢を叶えるお手伝いをするものだと思ってるんです。

 だから、
  まず自分がワクワクしたり、
  楽しんだり、感動したり、
  夢を待つことが大切なんじゃないかなって…

今日は、そんな私の『ささやき』
ちょっと、お仕事の手をゆるめて
聞いていただけたら、うれしいです!

 少し早いですが、
  「クリスマス」のお話です。

我が家には、二人の娘がいます。

クリスマス・イヴは毎年大変です。

「何が大変か?」というと、
  サンタクロースを迎える準備が大変なんです!

「サンタさんは、みんなが寝静まらないと来てくれないんだよ」
  って、幼いころから話していたので、

夕食の時から、そわそわし始めて、
「早く食べて、早く寝ようね!」
    そんな感じです。

そして、デザートのケーキのときは
必ず、サンタさんの分も切り分けます。

ケーキの横にクッキーものせて、
ケーキ皿の横には紅茶も用意して…

そして、
「ケーキと紅茶をどうぞ」という
   サンタさん宛のお手紙も書いて。

そのあとは自分たちの寝る準備です。

最後にルーフバルコニーのドアのロックをはずします。

うちには、煙突がないので
ルーフからサンタさんが入ってくるって思ってるんです。

「パパもママも早く寝てね!
  そうじゃないと、サンタさんがなかなかうちに入れないから」

そう言われ、一度はベッドに入るのですが、
夜中に起きて、私の仕事が始まります。

あらかじめ、
主人に買ってきてもらっておいたプレゼントに
ラッピングをして、
サンタクロースからの手紙も書きます。

この手紙は、ケーキを食べたお礼の手紙です。

ケーキも食べ、
紅茶も飲まなければいけないので、
家族で食べるときには少しセーブしたりして…

全く食べないと、娘たちから叱られるもので…

プレゼントにつける手紙は
準備しておくのですが、
とても苦労しました。

インターナショナルスクールに通っていたので、
外国の方もたくさんいらっしゃいました。

すると、
「お友達には、サンタクロースからの手紙が英語だったのに、
  どうして、うちは日本語なんだろう?」
って聞かれたり、

「ママの字に似てない?」
な~んて言われたり。

それで、
毎年、娘たちには
「今年は、日本人のサンタさんかな?外国人かなあ?」
な~んて、楽しみを増やすことにしました。

手紙の方も
英語だったり、日本語だったり…

筆跡がバレそうだったので、
パソコンで打ち込んだり、
お友達や社員の方々にもご協力いただきました。

そんな甲斐あってか、
娘たち二人とも14歳までは完全に信じていました。

下の娘は昨年ようやく半信半疑ってところですから、
15歳までは確実だったと思います。

信じているのがどうしてわかったかって?

彼女たちの学校は
12月20日前には冬休みに入ります。

ここ数年は私も仕事で忙しかったので、
クリスマスに実家の母の所に行くよう
娘たちに話したときのことです。

下の娘は、
自分の家でないとサンタクロースが来ないと思っているので、
クリスマスイヴには、どこにもお泊りに行きたくないと言うんです。

「留守でも置いてってくれるよ」
って言っても信用してくれなくて…

昨年は、上の娘も大学生になったし、
どうしようかと思いましたが、
サンタからのプレゼントだけは
こっそり置くことにしました。

さすがに手紙はつけていませんが…

大変だと言いながらも
一番ワクワクして喜んでいるのが
私だと思います!

だって、翌朝の娘たちの反応が
最高ですから。

じーっとベッドの中で
彼女たちの反応を待ってるときの
ワクワクドキドキした気持ち。

歓声があがり、バタバタと私のベッドに向かってきて、
「ママ~ 起きて~」
「サンタさんからプレゼントと手紙があったの~」
という興奮した口調。

目をきらきら輝かせて
満面の笑顔!!!

あんな喜ぶ姿を見ていると、
私の方が幸せになってきて、
「こんなに喜んでくれてありがとう!」
って感動、そして感謝です。

クリスマス・イヴは
家族全員でお食事をすることにしています。
娘たちがそうしたいって思ってるようです。

だから、
昨年、アメリカの大学に入学した娘も
12月中旬には帰ってきました。
今年もまた、戻ってきます。

あと何年、娘たちと
クリスマス・イヴを
一緒にすごせるのかはわかりません。

でも、すごせる間は
サンタクロースからのプレゼントを
用意するつもりです。

彼女たちも喜んでくれているから。
というか、
親を喜ばそうとしてくれているのかもしれません。

相手のことを想って
何かをしたとき、
それをさせてもらえることが
うれしいのかもしれませんね。

仕事も同じです。

お客様のことを想って
何かをさせていただける喜びを
これからも感じていきたいと思っています。

もちろん、あなたにも…

With a lot of Love,
       ミラベル

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:急に寒くなりました。冬の到来と共に、カレンダー商戦も佳境です! 

   まだまだ行けます!ご注文をお待ちしております。

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────