メルマガ92【これから頑張る事が、来年につながる】

TDメルマガNo.92 【これから頑張る事が、来年につながる】
2008112217

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆ これから頑張る事が、来年につながる ☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第92号  ・・・・・

くらしを豊かに、こころを豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

トーダンのかっちゃんです♪

11月22日は

二十四節気で【小雪】:旧暦の10月亥(い)の月の正節で
           二十四節気の冬の最初。
           北国や山間部から初雪の便りを聞くようになる。
           関東以西の平野部では、まだしばらく降雪はない。
           収穫を終えて、ゆったりした気分で、最後の紅葉
           狩りを楽しむこともある。高い山の尾根の冠雪を
           見て冬の到来が実感される。
             <TD-872新暦旧暦カレンダーより>

七十二候で【虹蔵不見(にじかくれてみえず)】
          :虹が見えなくなる

です。

そう言えば、

冬に虹を見たなんって

あまり聞きませんよネ。

……………………………………………………………………………………

しつこい様ですが、、、、

今がチャンスです!!

多くの販売店さんが

“問い合わせ”や“納品”に追われ

もう商売が終わったかのように

注文取りは自粛(?)し

ひたすら、

業務的な仕事に励んでいる…

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

でも、この時期は

【カレンダーをはじめて作りたいと思う人】

【以前は作っており、またやろうかと思う人】

【迷っているが、やっぱり配ろうかと思っている人】

色々な人が

色々な思いで

カレンダーを真剣に考えるときなんです。

そして、

誰にとっても

一番カレンダーに意識がある

この時期に

将来の見込み客と

話をしないと

今年どころか、

来年の商談にもつながりません。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

繰り返しお話しますが、、、、

もし、あなたが

来年、こんな所に

【TDカレンダー】を紹介したいなと思ったら

今がチャンスなんです!!

だって、

想像してみてください。

4月や5月に

カレンダーの話を持っていっても

お客さまは

その気になっていません。

これが、

今、カレンダーの話をして

うまくいけば、

今年の受注につながるし、

ダメでも
  (理由が、【希望の商品が品切れ】とか
       【納期の問題】だとか
       【検討の時間的な猶予がない】等)

来年は、

春から打ち合わせをしましょうと

いうことになれば違うでしょう?

だから…

今がチャンスなんです。

……………………………………………………………………………………

特に

一本釣りの注文取りではなく

仕組みとしての

受注を仕掛けるのであれば

なおさら、

今やらなくては『ダメ』です!!

昨年の今頃の時期

頑張ったのに

結果は出なかったけれど、、、、

今年は、

それが実を結んで

圧倒的な成績をおさめている人がいます (*^_^*)

頑張ってみて下さいね。

かっちゃんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カレンダー屋に永久就職した
元スッチーのささやき

真黒なキャンバスに
   朱がかったオレンジ色

少し幅の広い横線を引いたような
洗練されたコントラストを
  醸し出している
   チャーミングな夕陽

そして、
  高いビルや低い建物に夜の装いをさせ
   輝いているイルミネーション

港の方には、
  カラフルなライトを放っている
   タワーも見えます。

 こんなロマンチックな夜に

   乾杯!

こんにちは。
魚住 淳子です。

今日は、神戸の北野に来ています。

あっ、でも
あなたが読んでくださるときには
もう横浜です。

今日は
  『 話力 』について書きますね。

『話力』というと、
  文字通り、「話す力」のことですが、
  それだけではないんです。

 実は、
  「話す力」と「聞く力」の総合力
    のことなんです。

 この「聞く力」がとても重要です。

「聞き上手」は「話し上手」とも言いますものね。

 毎日、私たちは何気なく会話を交わしています。
  プライベートにおいても、
  ビジネスでも…

 自分が言いたいことや伝えたいことは話したから
   「相手はわかっているはず」って思っていませんか?

 「でも、結局伝わっていなかった」
   とか、
 「全く違うように伝わっていた」
  な~んてことは、
 あなたも経験したことがありますよね。

 聞き手は、自分の都合のいいように聞くんです。
  勝手に思い込んでしまったり、
  話し手の言葉を自分の言葉に置き換えて、
  解釈も変えてしまったり。

人の話を真剣に聞くことって、
 話すことよりエネルギーがいることなんですよ。

 これは、「聞く」より「聴く」という漢字の方がしっくりきますが…

「話す力」をつけるためには
「聞く力」も身につける必要があります。

そこで、自分の現在の『話力』を知ることのできる
カンタンな方法をご紹介しますね。
どちらかというと、
「聞く力」がどのくらいあるかがわかる方法です。

数人集まっている時、
会社の朝礼のときなど活用していただくといいと思います。

まず、話してもらうテーマを決めます。

「最近感じたうれしいできごと」
  とか、
「マイブーム」
  など、何でもいいです。

「自己紹介」でもいいんです。

自分の好感度をアップするような内容で、
自分を知ってもらうために伝えたいことを
絞り込んで話す。

今までは、そんな自己紹介は
していなかったんじゃないでしょうか…

それと、ネガティブな話し方もやめましょう。
「私は話すのが苦手で…」
と話し始める方がいらっしゃいますが、
これは、話し手の弁護でしかありません。

また、否定的な言葉が聞き手の脳に残り、
話し方としてはおすすめできません。

そして、時間を決め、しっかり時間管理をする。

2分間で行ってください。

タイムキーパーが2分になったら手をあげ、
話が途中であっても、話し手は
「お時間になりましたので、ここで終わりにします」
と、終わってください。

タイムキーパーが手をあげる前に話が終ってしまったら、
2分になるまでは、何か付け足して話をしてください。

そして、一人の話(Aさん)が終わったら、
聞いていた人の中から一人選び、
Aさんの再現をしてもらいます。

Aさんになりきってもらって、
Aさんが話した通りに話してもらうんです。

気づくことがたくさんあると思いますので
ぜひ、実行してみてくださいね。

そして、どんなことに気づいたり、
感じたりしたか、私にメールをください。

 junko@todan.co.jp です。

お待ちしてます。

忙しい時ほど、
心のゆとりが必要です。

人の前で話すことや、人の話を聞くことで
心が豊かになります。

ぜひ、楽しんでくださいね。

『話力』には、三要素があって、
それに気をつければ、話し方にも違いが出てきます。

そのお話については、
また次回のメルマガでお伝えします。

お楽しみに!

山の紅葉が美しくなったと思ったら、
雪の降っている地方もあります。

これから、ますます寒さが増しますが、
体調管理は万全にして
日本の冬を楽しみたいですね。

With a lot of Love,
      ミラベル

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:書店にもだいぶ来年のカレンダーが出揃って来ましたね。 

   カレンダーのお話、するなら今ですよ!

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────