メルマガ95【極端に考えると…】

TDメルマガNo.95 【極端に考えると…】
2008121917

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆   極端に考えると…    ☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第95号  ・・・・・

くらしを豊かに、こころを豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

トーダンのかっちゃんです♪

12月21日は

二十四節気で
「冬至(とうじ)」:一年中で一番昼が短く、夜が長い日。
         この日を境として少しずつ昼が長くなる。
         次第に弱まってきた太陽の陽の気が、この日から
         再び強くなるところから「一陽来復」を祝う。
         南瓜を食べ、柚子湯に入って太陽の気を摂取する。

七十二候で
「及東生(なつかれくさしょうず)」:夏枯草(カゴソウ)が生えてくる。
                 夏枯草は別名ウツボグサと呼ばれて
                 おり、花のあと、葉は緑色なのに花穂だけが
              カサカサに茶色く枯れることから。
花穂は薬草としても用いられます。

…TD-872(新暦旧暦カレンダー)より

…………………………………………………………………………

極端に考えると

“別の世界”が見えてくる、、、、

ボクは

少年時代から

妄想的な性格で、

小学校や中学校では

授業中に

外の景色に見とれて

全く別のコトを考えている…
       (LD障害児でした)

そんな時

もし、

『世の中の人がみんな

“ラーメン屋”になりたがった』ら、どうなるんだろう???

『世の中女性だけで、男はボク一人』だったら、どうなるんだろう???

とか

『議員さんたちが、銭湯(公衆浴場)で会議』したら、どうなるだろう???

など…

大人になってからは、

9.11のテロがあった頃、

第3次世界大戦になったら

【会社はどうなるんだろう?】

【カレンダーはどうなるんだろう?】

とか

最近でも、

その“妄想ぐせ”は直りません。

サブプライム問題が起きて

世界大恐慌になったときは

【日本はどうなるんだろう?】

【ディズニーランドはどうなるんだろう?】

【高級レストランはどうなるんだろう?】

【旅館はどうなるんだろう?】

【カレンダーはどうなるんだろう?】

極端に考えて、

いろいろ妄想すると

見えてくる“景色”が変わってきます。

最終的には、

その時代、その状況で

求められるベストを尽くすしか

           ないんですが…

…………………………………………………………………………

今回の世界的な不景気が

5年~10年間続くとすると
     (実際にはそんなことは無いと思いますが…)

【「テロ」の多発と国内でのテロの可能性は?】
【「戦争」の拡大と戦争への日本の参戦は?】
【「食料危機」の発生と「食材」の変化】
【「消費」の極端な不振と「企業」の倒産】
【「不良債権」の連鎖で「地銀」倒産の続出】
【「地方経済」の破綻】

考えれば考えるほど

気が重くなるようですが、

極端に考えることで、

逆に、ポジティブになれるんです。

それは、

【“心構え”が出来ること】と、

そうした状況下でも

やっぱり、

人は生きていくために

消費しなくてはいけないという事実。

だから、

生活者が

“価値”と“お値打ち”を

感じたモノやサービスには

お金を支払うはずです。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

新潟大地震のとき

コンビニで

まず売れたのが

“化粧品”だと聞きました。

しかも、

“高額の化粧品”から売れていったと、、、、

化粧なんかしなくても

死にはしないし…

物入りで

現金を大事に使わなくてはいけないのに

高い化粧品にお金を出すのかと、考えたことがあります。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

確かに

女性の化粧は、

“服”と同じで

スッピンでいるのは裸と同じ?

という考えにもうなずけますが…

やはり、

化粧することで

『心が豊かになる』

だから、そのために

化粧品(しかも高額の)を買いに

行ったのではないでしょうか?

ぼくは、

そんな風に想像していますが…

…………………………………………………………………………

どんなに不況になろうとも

自分の“心が豊か”になるのであれば

それなりの対価を支払うんですね(たぶん)

トーダンは

【くらしを豊かに、こころを豊かに】する

カレンダーをひたすら追求してきました。

こんな時代だからこそ

こころを豊かにする

TDカレンダーが

求められる時代です。

よろしくです…

…………………………………………………………………………

今年は、

リーマンが破綻してから

急に日本経済が変調をきたし

カレンダーの

お客様もかなり慎重になり、

11月の注文が例年になく悪く

業界のメーカーも販売店さんも

不景気を身にしみて

感じるこの頃ではないでしょうか?

でも、

だいじょうぶ!

生活者の“身の丈”で

その時の状況、状況の“価値観”で

“お値打ち(価値)”を伝えることが出来れば

来年もやっていけます。

それを知りたい方は、

3月4日、5日の【TD感動フェア】に

おいでくださいネ。

かっちゃんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カレンダー屋に永久就職した
元スッチーのささやき

こんにちは。
魚住淳子です。

今年もあと2週間を切りました。
早いですね~

今年は
本当に多くの方のお力添えがあって、
ここまでやってこられたなあ…
と感じています。

感謝の気持ちでいっぱいです。

特に、出会って間もないのに
親切にしていただいたり、
何十年も前から知り合いだったかのように
深くかかわっていただいたり、
その方々が核になって、
また、ご紹介くださったり。

悲しいことがあったり、
落ち込んだりもしましたが、

人間のあたたかさに触れ、
よみがえり始めています。

私がいただいた喜びを
今度は私が多くの方々に
お伝えする番です。

できることから
少しずつ始めようと思っています。

さて、
以前書きました
『話力』についての続きを
今日は書いていきますね。

みなさん、実行してみましたか?
「聞いたことの再現」

Aさんが話したことを
聞いていたBさんに再現してもらうってことです。

案外、人の話って聞いてないんだなあ…
と思われたんじゃないですか?

「この人は何を言いたいんだろう」
「どんな目的でこの話をしているんだろう」

と相手のことを考えながら聞くことは
とてもエネルギーがいります。

自分が話すことより大変です。

でも、
相手の話をどれだけ聞けるかで
人間関係が決まります。

なぜかというと
『人は、自分の話を聞いてくれる人が大好き』
だからです。

『自分を認めてほしい』
と思っているんです。

話をよく聞いてもらえると
信頼関係ができます。
居心地がよくなってくるんです。

と、わかっていても
沈黙がいやだから、
自分が話してしまう
ってこともありますよね。

そんなときは、
自分主導の話をするのではなく、
相手に質問をしてあげればいいんです。

「相手に話してもらう」
そして、その返事も重要です。

『あいづちを打つ』
これは、相手を受け入れることになります。

普段の会話でも
相手が何か言ったら、
まず「そうですね」とか、
相手の言ったことを
オウム返ししたりするといいですね。

特にクレームのお電話をいただいたときなどは
絶対に必要なことです。

自分たちに非があるにもかかわらず、
言いわけを言ったり、
自己防衛をするような言葉を出したりすることは
タブーです。

この態度は相手を受け入れていません。

しかも、自分たちの立場からモノを言ったら、
通常の会話でも受け入れられないことが多いのに、
クレームのときは相手の怒りを増発させます。

クレーム処理というのは、
マイナスをゼロ、もしくはプラスに持ってくるよう
努力することです。

これができると
怖いものはなくなります。

JALのCA時代に
天候が悪くて
飛行機の出発がかなり遅れたり、
途中で引き返したり、
代替空港に着陸したりと
いろいろな経験をしました。

そのとき、日本人は必ず、
ぶつぶつ文句を言います。

「こんなに遅れたら、重要な会議に間に合わなくなるじゃないか」
とか、
「お客様とのアポがあるのにどうしてくれるんだ」
などど、悪天候で私たちがどうしようもないことでも
クレームを言ってきます。

そんなときでも
「申し訳ございません」
と謝り、お客様の話を
「そうですね。そうなんですか」
とあいづちを打ちながらお聞きします。

一生懸命で対応したり、
機内で自分たちができるサービスを
精一杯していると
クレームをおっしゃっていたお客様は落ち着かれるんです。

そして、最後には、
「君たちも大変だね。お疲れさま」
とか、
「君たちが悪いわけじゃないのに文句言ってごめんね」
とか、
「親身になって話を聞いてくれるのはやっぱりJALだけだね」
なんておっしゃって、笑顔で降りて行かれるんです。

これが、マイナスをプラスにする喜びです。
「怖い顔をしていたお客様が喜んで笑顔になる」

こんなときこそ、接客業をしていてよかったと感じたものです。

だから、
カレンダーの営業をしていても
「マイナスをプラスにする」
ということは大好きでした。

ちょっとした気配りで
お客様との関係性は深くなります。

まずは、
  「聞くこと」
    を心がけると

  あなたの仕事にも違いが出てくるはずです。

なんて、
偉そうなことを言ってますが、
まだまだ失敗だらけの私です。

でも、ここに書くことで
反省もしますし、
また気づくことがたくさんあります。

日本に昔からある
「おもてなし」の心に通じること、
これからも実行していきたいと思っています。

With a lot of Love,
      ミラベル

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:トーダンでは既に2010年版カレンダーも動き始めています! 

   こんな時代だからこそ求められる、そんなメーカーでありたいですね。

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────