メルマガ98【コトバは大切】

TDメルマガNo.98 【コトバは大切】
2009011515

┼──────────────────────────────

│☆☆☆☆    コトバは大切    ☆☆☆☆
│ 
┼──────────────────────────────

・・・・・  TDメルマガ第98号  ・・・・・

くらしを豊かに、こころを豊かにするTDカレンダー

┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬

カレンダーは毎日使うものだから
見やすく快適で、使い勝手のいいほうがイイ

せわしなくストレスが多い世の中だから
せめて、カレンダーでホッとしてほしい

毎日の予定やメモを書きこむとき
頼りになるパートナーであってほしい

美しい絵や写真で
やすらぎ、希望や勇気を感じてほしい

日本中いや世界中の人が、
楽しくワクワクする生活を送ることを願い

「くらしを豊かにこころ豊かにする」カレンダーを作りたい

…それが私の願いです。

┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴

トーダンのかっちゃんです♪         

今日

1月15日は

七十二候で

「雉 始 句隹(注)(きじはじめてなく)」です。

     ……オスのきじがメスのきじを求めて鳴く       

5年以上前でしょうか…

当社茨城工場近くの畑で

とっても美しい

オスの雉(きじ)が

餌をつついている姿を見かけたことがあります。

自然の中で

自然が生み出した

生き物の美しい姿かたちと

鮮やかな色を…

(注):本来単一表記ですが、変換できないため
    連記表記になっております。ご了承下さい。

…………………………………………………………………………

以前、

何人かの読者や

このメルマガを読んでいる社員から

『かっちゃん』の

意味は?

と聞かれたことがあります。

今日は、

その由来をお話ししたいと思います。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

ボクは今から

15年前、

カレンダー業界が

“安売り競争”で明け暮れている頃

       …思っていたんです。

ボクにとって、

皆にとっても、、

カレンダーは

もっと、もっと

《価値》があるはずなのに

なぜ、

“価格競争”に走るのだろうか?

               …と。

ボクにとって

カレンダーは

“生活の一部”であり、

1年間お付き合いする

とっても大切な“パートナー”であり、

その大事なカレンダー(TDカレンダーです!!)

が叩き売られる?

ことが

“悲しみ”を通り過ぎて

“悔しさ”100倍でした!!

そんな訳で、

《価値ある1冊》とは何ぞや?

         …と

常に自分と問答していました。

…………………………………………………………………………

話が長くなってしまいましたね。

スイマセン!

『かっちゃん』は

ボクを呼ぶなら、

いつも《価値》のことを考えている

“価値ちゃん”と

親しみを持って呼んで欲しい

       だから → かちちゃん

それがつまって

『かっちゃん』です!!

よろしくです……

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

本題にもどって

『コトバは大切』について、

ボクは

根っからの理科系で

微分、積分、

マトリックス、

マルコフチェーン(卒論です)が

大好きでした!!

学生の頃

コトバは、

【情報の伝達手段】

         …と

極端に言えばそんな考えでした。

でも、

オイルショックの

エポック的な出来事が

起きてから

“論理的”に物事を考えることが

       重要ではなく、、、、、、

皆が、

どのように思い…

どう望んでいるか…

それを

『思いやる』『気遣う』ことが

とっても重要なんだと気づいたんです。

(根っからの理系なんで
   コトバではうまく表現できません
              スイマセン!!)

…………………………………………………………………………

とにかく、

根底に

《愛》の意識が

重要だと信じています。

どんな人にも

《愛》があります。

でも…

その表現の仕方が

【とっても豊かである人】

【自然にできる人】

【少ししかできない人】

【うまく表現できない人】

いろいろな人が居ると思うんです。

ボクたちは

一生懸命努力して

その《愛》を《コトバ》で表せたら

世界中が幸せになれるんじゃないかと

思っています。

…………………………………………………………………………

ボクの考える

カレンダーへの《おもい》

それは、、、、

家庭や会社で

あるいは

コミュニティーに

それぞれのカレンダーがあり、

カレンダーを通して

家族との【絆】
職場での【絆】
仕事先との【絆】
仲間との【絆】

みんなの【絆(きずな)】が深まり

笑顔で

充実した毎日を過ごす…

TDカレンダーは、

そんな、

《理想》や《おもい》がいっぱい詰まった

カレンダーです。

よろしくね…

かっちゃんでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カレンダー屋に永久就職した
元スッチーのささやき

寒中お見舞い申し上げます。

最近は、朝起きたとき、
  『寒い!』
    って思うことが多くなりました。

お元気ですか?
魚住 淳子 です。

12月は、めちゃくちゃ忙しくて
オフは数日。
睡眠時間も少なかったわりには
元気でした。

でも、年末のご挨拶もできずに
 昨年のメルマガ、
 終わってました~(涙)

  大変失礼致しました。

そして、知らぬうちに
お正月のメルマガが出てました~

今回も乗り遅れそうでしたが、
なんとか間に合うと思います。(汗)

今日は、
特別な想いをこめて
書かせていただきます。

   トーダンを卒業します。

2002年9月に
パートタイマーとしての契約で、
輸出業務のお手伝いから始まり、
いろいろな経験をさせていただきました。

2003年3月には、
Todan USAが設立され、
その担当として、
年に1~2回はアメリカにも出張しました。

現地のスタッフと一緒に
営業の新規開拓をしたり、

スタッフが一人になったときは、
お盆休み返上で、
Todan USAのオフィスに
朝8時半から夜10時半まで
閉じこもったこともあります。

ご飯を食べるのも忘れて
原稿書きに没頭して
へとへとになって
毎日、ホテルとオフィスを往復したり…

社長から
「輸入カレンダーの販路を見つけろ」
と指令が出たときは、
カタログを眺めて
「ペット屋さんに行こう」
と、大きめのペット屋さんに
飛び込んだこともありました。

ラッキーなことに
ペットブームが来て、
店舗がどんどん増えて、
売上も右肩上がり。

商工会議所主催の
取引先探しのイベントでは
私の書いた輸入カレンダーの企画書が
イオンのバイヤーや
ホームセンターのバイヤーの目にとまり…

相手に選んでもらえなければ
商談もさせてもらえないものでしたが、
これもラッキーなことに
制限時間20分でプレゼンさせていただき、
気に入っていただきました。

そんなことも
追い風になって
Browntroutという輸入カレンダーでは、
2年で日本一の売り上げになりました。

といっても、
売上のことを意識していたわけではありません。

私にとっては、
どんな仕事も
初めての体験ばかりで
その方が刺激的で、

何よりも
いろいろな方とお会いして
お話することが
とっても楽しかったんです。

輸入カレンダーの販売で
多くのお客様と触れ合うようになって
『店頭小売』
に興味を持つようになりました。

『店頭小売』については、
お客様にいろいろなことを教えていただきました。

それを社内で実践しようとするたびに
社長から
『ストップ』がかかり、
名入れ業界のやり方と違うと
注意を受けました。

でも、めげずに
 いや、時には強引に
『店頭小売のしくみ』を作りました。

まず、作ってしまわないと
何も始められないからです。

ある程度のところまで一気に。

『5年かけて、10年かけて』
なんて、よく聞くフレーズですが、
『1年に1回の商売で、そんなに待てない』
というのが、私の持論でした。

それと、
『やり始めないと、何年かけてもやらない』
とも思っていましたから。

かなりの反発や批判を受けて
実行したことですが
今では、
それが、基準になっています。

そして、毎年少しずつ見直して、
だんだん当たり前になってきています。

もっともっと、よくなるはずです。

ようやくベースができて
これからこんな風にしたい、
あんな風にしよう…
と私の中でまだまだ夢は膨らんでいます。

でも、あとは、
トーダンの社員の仕事です。

昨年、
陰陽道の先生と出会いました。

その方から
こんなことを言われました。

『人生一度きりだよ。
  自分の人生が終わるときに
  『私の人生、最高だった』って言える人生と
  『無念』と言って散っていくのと
    どっちがいいか自分で考えなさい』と。

最期を迎えた多くの人から
呼び出されて、
家族にも言えない言葉を聞いてきた
その方がおっしゃるには、

人間とは思えない言葉を残して
この世を去る方が
たくさんいらっしゃるんだそうです。

そうならないように
やり残すことがないよう
自分の残りの人生を考えて、
自分らしく
笑顔で散ることができるように…

とのことでした。

私には、
まだまだやりたいことがたくさんあります。

娘たちが
巣立っていくように

私も
巣立ちます。

短い間でしたが、
いろいろとお世話になりました。

感謝致しております。

これからは、
社員教育をメインにした仕事を
していきます。

私が何かお役に立てることがございましたら、
ご遠慮なくおっしゃってください。

カレンダー業界が発展することを
祈っています。

With a lot of Love、
      ミラベル

☆☆☆☆ これからもTDメルマガをどうぞお楽しみに… ☆☆☆☆

PS:上にもありますが、2010年版TDカレンダーのテーマは“絆”です。

   カレンダーにこめられた《おもい》をうまく伝えられるか…

   メルマガ書いている“かっちゃん”こと強口邦雄に、皆さんが

   感じたあんなこと、こんなこと… 

   いろんな“熱いメッセージ”楽しみに待っています。

   どしどしメール下さいね!!!

   mailto : melma@todan.co.jp ← ココをクリック!!!

┌──────────────────────────────
|  トーダン TD WEB サイト
├──────────────────────────────

| くらしを豊かに、こころを豊かにするモノづくり
| を通して社会文化に貢献する文化創造企業です
| 発行:強口邦雄
| 発行担当:飯塚 博 http://www.todan.co.jp

| ※メルマガ配信の登録解除は当社HPから行えます 

└──────────────────────────────