まる東うちわ

私たちは明治36年より、竹うちわを作り続けています

株式会社トーダン まる東うちわ

1903年(明治36年)、日本橋堀江町に東京団扇合名会社を設立。これが今の株式会社トーダンです。トーダンの「ダン」は団扇(うちわ)の「団」に由来しています。

創業以来、まる東ブランドとして竹製のうちわを作り続けてきました。それは竹でしか味わえない手作りの風合いの良さと、扇いだときの程よいしなり具合にこだわってきたからです。

このうちわは、皆様のお手元に届いた時の笑顔だけを想いうかべながら、作り上げたうちわです。私たちはうちわの老舗であることに誇りを持ち、皆様にこれらのうちわを自信を持ってお勧めいたします。

日本の生活文化・手ぬぐいのうちわ(小満月・柄長)

梨園染」で有名な東京・日本橋の老舗、戸田屋商店。この戸田屋商店の人気柄の手ぬぐいでうちわを作りました。
図柄には本物の手ぬぐいを使用した布うちわです。

株式会社トーダン まる東うちわ
株式会社トーダン まる東うちわ

戸田屋商店について

明治初めから、注染という技法を使った梨園染の手ぬぐいや浴衣を製造している、日本橋の老舗・戸田屋商店。職人が手作りで染め上げる日本手ぬぐいは、手を拭くだけでなく前掛けやのれん、物を包むなど江戸時代から庶民の生活道具として親しまれてきました。また、歌舞伎役者や商人達が、家紋や独自の紋様を染めた手ぬぐいを名刺代わりに活用していたこともあり、その柄には当時の流行や文化がユニークに表現されています。職人による手作りの手ぬぐいは、一枚一枚の色や長さが微妙に違い、それも手ぬぐいの魅力のひとつとして使う人の目を楽しませてくれます。

株式会社トーダン まる東うちわ

これぞ美術工芸のうちわ(切り絵・杉柄)

株式会社トーダン まる東うちわ

切り絵の隙間から見える研磨された竹材。この繊細なつくりは手にした人を唸らせます。

柄には高級感のある杉材を使用しています。全てにおいてこだわりのつくりをみせる美術工芸のうちわです。