toggle navigation  
  1. TOP
  2. トーダンの強み

トーダンの強み

創業100年を超える歴史と信頼

団扇
カレンダー

毎日の生活になくてはならないカレンダーを
高品質でお届けしています

トーダンは明治36年(1903年)日本橋で東京団扇合名会社として創業しました。
当時の主力商品は団扇(うちわ)、扇子(せんす)の製造卸で、
閑散期の冬にカレンダーの卸売を行なっていました。

カレンダーの専門メーカーとなってからは、独自のデザイン、
高品質な商品を開発するために企画部門を設け、
独創性あふれる商品を次々と世に発表してまいりました。

常に業界をリードする存在として発展し、
現在では年間約200種類以上のカレンダーを1,000万冊以上生産しています。

業界屈指の日本国内での生産体系

業界屈指の
日本国内での生産体制

自社工場及び国内の協力工場による
こだわりの国内生産

製造面においては、カレンダー専門工場として1981年に茨城工場を竣工し、印刷・製本・名入れ・管理・出荷の一貫体制を確立しました。

また、業界初のコンピュータによる、受注から納品までの一括工程管理を実現し、迅速でタイムリーな生産と正確な納期管理を実現すると共に、常に品質改善とコストダウンに積極的に取り組んでいます。また、カレンダー以外の商品についても、国内の協力工場との連携により確かな品質を保証しています。

社内で企画・デザインまで手がける独自の商品開発力

社内で企画・デザインまで
手がける独自の商品開発力

文化を伝えるものとして、
また実用性を追求した商品企画

トーダン最大の強みである独自の企画力によって、1960年に日本ではまだなじみの少ないスイスの美しい風景を高画質の写真で掲載した「アルプス」カレンダーを大ヒットさせ、その後も、「PLAYBOY」や「TVアニメ」など有名ブランドのライセンス商品、自社ブランドの風水シリーズ「開運」、「金運」カレンダーなど次々にヒット商品を連発しています。

また、機能性を追求した商品としては、UD(ユニバーサルデザイン)商品の「グッドルック」や「上から順3ヶ月(特許取得)」カレンダーを商品化。近年は「金運」、「万願」、「幸だるまさん」カレンダーなどから生まれた自社コンテンツを活用して、カレンダーや団扇、扇子以外の商品も手掛けています。さらに、商品に使われる用紙や素材は、国内一流メーカーのものをはじめ、印刷品質、質感などにこだわった素材を使用し、自社での企画開発商品だからこそできる高品質商品を生み出しています。

強口邦雄とこよみ資料館

カレンダー収集家
強口邦雄とこよみ資料館

暦やカレンダーの文化、
歴史を継承する活動

カレンダーの商品企画資料として、当社社長の強口が始めた古今東西のカレンダー収集。今では1,000点以上のコレクションが自社工場に隣接する「こよみ資料館」に収蔵されています。今後も暦・カレンダーのプロフェッショナルとして、文化・歴史を継承する活動を続けてまいります。