toggle navigation  
  1. TOP
  2. 商品情報
  3. 初夢枕札付きカレンダー
初夢枕札

縁起の良い「初夢枕札」付きカレンダー

古くから「1月2日の夜に見る夢を初夢と言い、初夢に良い夢を見ると一年間良い年になる」という風習があります。初夢枕札付きカレンダーは縁起の良い素敵な初夢が見られますように、枕の下に敷いて眠る「初夢枕札」とセットになった幸せを願うカレンダーです。夫婦で、親子で、家族みんなで新しい行事をお楽しみください。

初夢枕札は古き良き日本の風習

古くは室町時代から、初夢に良い夢を見られるよう宝船や七福神など、縁起の良い絵柄が描かれた“お札(ふだ)”を枕の下に入れて眠る習慣がありました。それは“初夢札”とも言われ、地方によっては神棚に祀り、一年の幸せを願うところもありました。
「初夢枕札」には歌が添えられていて、「長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の佳き哉」と、上から読んでも下から読んでも同じ文章になる廻文になっています。それは悪い夢を見たときには、逆夢と捉え、“ひっくり返して吉とする”という意味があり、寝る前に三度唱えてから眠ると、良い夢が見られると言われています。
東団やでは、皆さまが素敵な初夢を見られますよう、2022年が素敵な一年になりますように、この古き良き日本の習慣を現代に蘇らせました。

初夢枕札

表面:宝船に乗った七福神の絵柄に
歌が添えられています。

初夢枕札

裏面:吉夢祈願の絵馬に願いを
書き込んでください。

初夢枕札の使い方

初夢枕札

①裏面の吉夢祈願の絵馬に願いを
書き込んでください。

初夢枕札

②1月2日の夜、表に書かれた歌を
三度唱えてから

初夢枕札

③枕の下に敷いて
ゆっくりとお休みください。

カレンダーとクリアファイル

カレンダーは付属のクリアファイルに入れると、透明の窓からカレンダー部分が見られるようになっています。色鮮やかな宝船と七福神を始め、様々な縁起の良いアイテムが描かれています。

表面

初夢枕札付きカレンダー

裏面

初夢枕札付きカレンダー

主な仕様

初夢枕札

KT-305
初夢枕札付きカレンダー
内容:2022年カレンダー/クリアファイル/初夢枕札 2枚
サイズ:A4 H220mm×W310mm

希望小売価格:税込1,100円


犀北館ホテルの庭園で語る「縁起の魅力」

初夢枕札付きプラン

初夢枕札付き宿泊プラン誕生記念対談
犀北館ホテルでの「初夢枕札付き宿泊プラン」誕生を記念して、ホテルの顔ともいえる庭園を作庭(開業130周年記念事業として2020年9月に竣工)した重森千靑先生と、当社の代表強口邦雄の対談が実現いたしました。作庭家とカレンダー会社経営者がなぜ?と思われると思いますが、「縁起」でつながるそのご縁について対談でお話しさせて頂いています。

犀北館ホテル 「初夢枕札」付宿泊プラン

初夢枕札付きプラン

開業130周年を迎えたクラッシックホテル
犀北館ホテル
https://www.saihokukan.com

初夢に2022年の願いを込めて
新年開運プラン(素泊まり・朝食付・2食付)